Sponsored Links

筋トレに勝る物なし

何をやっても痩せない。体重落ちても全然スタイルよくならない。

ダイエットの永遠の悩み。食事制限は辛いだけ。1時間も走るのは絶対無理。やっぱり戻ってくるのは地道に筋肉量を増やして、基礎代謝量を増やすしかないのね。

筋肉と脂肪

よく引き合いに出されるけど、上の脂肪と下の筋肉とは同じ1kg。見た目だけを考えるならば、体重に囚われる必要はない。

それでもライザップに通ったり、ジムで筋トレしたりするのは大変だし、面倒だし、お金もかかる。Healthカテゴリでお勧めDVDをいくつか紹介しているが、今回は筋トレ編。

比較的古い物ばかりを挙げているけれど、どの世界でも殿堂入りさせたい、めちゃお勧めの教材が存在するのだ。最初はそこから揃えるとお金を捨てた!という気持ちにならないし、その後で飽きてくると思うから新たな教材に手を出していくといいかなと思う。

160629_081337
筋トレ系DVD

私自身がDVDを選ぶ基準の1つが、ムキムキではなく、カーヴィ(曲線)が美しい女性が出演していること。そのため、米国DVDにありがちなびしばし鍛えてくれる系はあまり持っていない(体力ないせいもあるけれど)。実際は届かないのだが、こんなふうになれたらなぁと憧れる人を見ている方が気分も上がるというもの。速効で結果を出したいS系DVDはまた今度。そして、マンション暮らしなので、バタバタ飛び跳ねたりする動きがないこと、基本あっても脚踏み程度であることも選ぶ基準。

1.韓国美魔女のはしり-チョン・ダヨンの「モムチャンダイエット」

ブームにのって100億円を売り上げたという彼女。体重70kgの主婦だった彼女が変身を遂げたボディが素晴らしい。男女ともに受ける、まさに「モムチャン」を体現している。

韓国ダイエット界のカリスマトレーナー “チョン・ダヨン”。モムチャン(韓国語で「最高の体」という意味)ブームを巻き起こした彼女の最新エクササイズプログラム「FIGUREROBICS(フィギュアロビクス)」。

この4枚組DVDの中に筋トレ編がある(他3枚は別途紹介)。もちろん別々に買えるのだが、どうせ気になって買っちゃうのでセットで買うのがお勧め。

特に、おまけでついてくるダンベルがちょうどよい。1個0.7kgで重すぎもなく軽すぎもなく、次に紹介するトレーシーの筋トレのときも使える。ペットボトルで代用するのも悪くないが、ダンベルは一応買っておくといろいろと使えるよ。漬け物の重しなんかにも(笑)。

160629_094030
マイダンベル

強度としてはまあ普通。30分なので無理せずに続けられるし、チームでやっているので一人一人の顔や身体などを見て気を紛らすことができる。可愛い韓国女子だらけ。物足りない人は重いダンベルを買うとよい。

 

2.等身大のかわいこちゃん-トレーシーメソッド

同じく一世を風靡した感のあるトレーシー。150cm代半ばじゃないかな?アメリカ人にしては小柄で、バツグンのスタイルというのではないが、そのキュートなルックスとキュッと締まった身体のバランスがいい。

日本人のJKら若い女の子にも受けたはずだ。

今、フィットネス業界で話題の人といえば、この人を置いて他にいません。その名は、トレーシー・アンダーソン。マドンナ、グウィネス・パルトロウのパーソナルトレーナーとして有名になり、昨年全米、イギリスでDVDが発売されるや話題沸騰。彼女のエクササイズは、今までの筋トレとは一線を画し、ダンスの動きをベースに流れる動きの中で補助筋を鍛え、しなやかな女性らしいカラダを目指すもの。

ダンベルあり/なしの筋トレも、音楽に乗ってダンスっぽい動きの中でこなしていくので、ハードな割にこなしやすい。どちらも30分程度のアームやレッグなどの個別プログラムもある。アームで、上記のダンベルが早速活用できる。

自分を追い込みたいというならば、腹凹版で腹筋を割ってみるのはいかが?

3.美しすぎるクローディア・シファー

20万人が買ったフィットネスDVDのロングセラー!人気の秘密は『メニュー選択型プログラム』。
気になる部分の脂肪を徹底的に燃焼するユニークなプログラム構成!
上半身編はバストアップ&引き締まった腕を、下半身編は脚長効果を目指して太もも・腰回り・ヒップラインを集中シェイプするワークアウト!
自分にあったプログラムが選べるから運動ギライでも続けられる!!

スーパーモデルのクローディア・シファーが全編出演したDVD2枚組。なんと言ってもさすがのスーパーモデル、スーパーなボディが美しすぎる。

海や山やさまざまな場所を背景にクロ-ディアがワークアウトしており、まるで環境ビデオのように流しておくだけで目の保養。でも侮ってはならない。涼しい顔してクローディアはこなすのだが、これに最初から最後までついていける人は元々身体がある程度出来上がっていると思う。でも、すべてをこなさなくても、部分部分を採り入れて毎日20分程度でもよい。

他と比べてこの安さは何なの。コスパは最高である。シンプルなエクササイズを飽きずに地道にできる人には一番のお勧め。

 

長くなるので、パートIIは次回に・・・。

 

Sponsored Links