Sponsored Links

同業者はもちろん、腰痛にお悩みの方、たくさんいらっしゃることと思う。

いい椅子を買っても、ストレッチをしても、ヨガのクラスに出ても、姿勢矯正に励んでも、腰痛からはなかなか逃れられない。

腰痛とはいかないまでも、なんだか嫌ぁ~な腰の重さやハリ。マッサージや整体にちょくちょく通えればよいけれど、時間的/経済的な理由からそれも無理。

高級マッサージ椅子も欲しいけど、我が家で夫と愛用しているのが以下の面々。

中山式快癒器マジコ

60年間愛されてきたマッサージ器の「中山式快癒器(マジコ)」

でも、ベーシックなマジコだけでなく、マジコはさらに進化していたのだ。

女子向けか、可愛いピンクのマジコも。


なんと、こちらのマジコは、高さによって圧力が変化する。底のノブを調節すれば使い分けができる。



HIGH:強めの押圧(コリの強い方、筋肉質の方)
MIDDLE:標準的な押圧(普段丸くなりがちな背中や腰を伸ばしたい方)
LOW:弱めの押圧(痩せた方や女性)

 

2球型ならばコンパクトなので、外出や旅行時にも持参できる(見つかると恥ずかしいけど)。

椅子の背に置いたり、夜中にベッドでゴリゴリやれば、筋肉の疲れが取れる。電気代もかからないし、コスパは最高。

2球式 → 首
4球式 → 背中と腰

に当てて使うとよい。我が家にあるのは4球式で、これを腰の下に置いて使うのが一番のお気に入り。家族で仲良くマジコ。いいかも。

有名人もご愛用「骨盤職人」

次に紹介するのが「骨盤職人」。

 

160614_075751
しっかりとロゴ入り

 

ゴールドジムで販売され、人気沸騰し、格闘家の角田氏などアスリートや、嵐のメンバーなど芸能人たちの間でも人気が高い「骨盤職人」。

Sponsored Links

ネーミングがすごい。こちらも愛用中。さすがに持ち運びはできないので、ベッドに鎮座。

あの小さな穴の部分にもみ玉を自分で選んで差し込む。その日の調子や、身体の部位に合わせて変えながら、グリグリする。

最初は痛い!と悶絶しつつも、日々使っているうちに快感に近づく。1箇所4~5分を目安に移動させ、刺激する部分を少しずつずらすことで、あんまや指圧効果が得られるという。

私は時には、仕事中、背中に当てて使用することもある。ぴたっとツボにはまると気持ちよい。


圧痛点
注目の腰のツボ(圧痛点)

 

圧痛点(ツボ)の刺激は、便秘の解消やダイエットにも効く。

ジコに比べると、少々お高めだけど、手造りの一生物?として何十年と使用予定。

骨盤職人のレビューはコチラ↓

 

羽生式指圧器「コルンル」

最後に羽生式指圧代用器「コルンル」。どれだけお疲れ一家。

 

160614_124434
絶妙な玉の位置

 

メリットの1つは大きさ。大きさはスマホ程度で、ご覧のように白と透明で目立たないので、バッグの中にひっそりと忍ばせておける。

マジコや骨盤職人と違って、ハンドル部分を握って、自分で動かしながらマッサージできるのがいい。



Sponsored Links

絞りきれないわー、というので全部所有しているわけ(笑)。