スポンサーリンク

見えなくて悩む!

 

おかんおかん

翻訳の仕事って本当に目を酷使するんだよね。

でも、長時間のスマホやゲームで、若い人たちもかなりが疲れているかも。

老眼も加わってきて最悪!

 

私の視力は両目とも0.1以下。眼鏡もコンタクトもない状態だと、まわりはぼんやり。近視」と「乱視」が混じり、40代になってからプラス「老眼」。

 

コンタクトと眼鏡で試行錯誤

眼鏡を外すと何も見えない。

    ↓

コンタクト入れたら近くが見えない。

    ↓

老眼鏡のつけ外しは面倒だし、みっともない。

    ↓

眼鏡にしたら、スポーツするとき厄介。あんまり似合わないかも

    ↓

最初に戻る。

 

我々のアラフィフ(アラフォーも?)世代でこのリピートに悩む人は多いはず。朝のメイクも、コンタクトを入れたらアイライナーが引きにくい。

 

ホテルによく拡大鏡が置いてあって「何のためにあるの?」とふしぎに思っていたけど、老眼の方々のためだったのだとやっと気づく。

「JINS」等の眼鏡で対応する場合

「JINS」の眼鏡を愛用している方はとても多いと思う。

PC用眼鏡

パソコン・薄型テレビ・スマートフォンなどのディスプレイから発せられるブルーライトから眼を守るPC用メガネ。

 

ブルーライトから守るPC用眼鏡

 

度付きにも変更可能で、一日全く外出予定がなければ、これでさほど不都合はない。

 

ブルーライトカットで少し目が楽になった感がある。ついでに、パソコンの明度は自分でも設定できるので、明るくしすぎないように設定しておこう。

 

しかし、遠近両用はない。

 

老眼鏡

「リーディンググラス」とも呼ばれている。普通のコンタクトをはめているときは、この老眼鏡が必要になってくる。

<老眼の主な自覚症状>
  • 薄暗いと新聞や本などが読みづらい
  • スマホの画面などを読むとき遠ざけてしまう
  • 集中力がなくなる
  • 近視用のメガネを外すと本やスマホが読みやすい

 

40代以降で老眼が全くないというのも珍しいはず。

 

老眼鏡

 

老眼鏡は赤。割とお洒落で気づかれにくい(と思っている)。度数はまだ+1だが、分かる人はわかるはず。

<度数の目安>

  • +1.00 : 最近近くが見づらい
  • +1.50 : 40~50cm程度はなして文字を読む。
  • +2.00 : 50~60cm程度はなして文字を読む。
  • +2.50 : 60cm以上はなして文字を読む。

遠近両用コンタクトが便利!

 

おかんおかん

何といってもメガネのかけ外しが面倒!

遠近両用メガネも慣れるまで使いづらいという話も聞くし・・・・

そもそも度が強い眼鏡があんまり似合わないんだよね(悲)。

 

この面倒を解決してくれるのが「遠近両用コンタクト」

 

わたしの場合は、乱視も入っているので、ハードコンタクトの方が微妙な調整が可能になる。

 

周りでは「ソフトタイプ」の遠近両用コンタクトを試している人もいるが、調整が甘いせいか、見え方がどうもしっくりこないみたい。

遠近両用コンタクトのタイプ

遠近両用コンタクト

  • セグメントタイプ

レンズの上側が遠くを見る部分、上側が近くを見る部分に分かれている。

レンズが回転しないようにレンズの下方を厚くして重くし、下方の周辺をカットして平たくして、下目瞼で固定されやすくしている。

 

  • 同時視タイプ

レンズ中心部の遠くを見る部分から、レンズ周辺部の近方を見る部分にかけて度数が連続的に変化している。遠くから近くまで全部見えている中で、自分が見たい位置の像を選択して見る。

 

わたしは元々ソフトに転向する前はハードを使用していたので、ハードへの抵抗感が少なく、慣れるのは比較的早かった。

 

それでも、目にしっくりくるまでは何度か作り替え、数ヶ月かかった。

 

普通のコンタクトのように遠くにピタっと焦点が合う感じではないので、イライラする人もいるかと。ただし、ハードレンズがが全く合わなかったという人は敬遠しているかもしれないが、この10年くらいで、コンタクトも随分進化している。装着感もかなり改善されているので試す価値あり。

試した遠近両用コンタクト

  • HOYAのマルチビューEX

「アイシティ」で購入。

<マルチビューの特徴>

1.すべてのシーンがクリアなプログレッシブ設計。
プログレッシブ・レンズ設計のため、遠くから中間まで見やすく、近くのものにもピントが合せやすいレンズです。乱視がある方や視界の鮮明さを求める方には最適です。

2.ハードなのに優しくスムーズなつけ心地。
レンズ周辺部は特殊デザインで薄く精密に加工されており、従来のハードコンタクトに比べ、装用感が優れています。
従来のハードコンタクトで装用感にやや不満があった方や、ハードコンタクトは初めてという方にも向いています。

3.目が疲れにくく余裕を持てる長い装用時間。
Dk値125の高酸素透過性と優れた涙液交換により、長時間の装用が可能です。

 

このHOYAビューが、商品説明にもあるように、つけ心地がよくて.お気に入りだった。しかし、なぜか数ヶ月もすると、モヤがかかったようで、洗っても洗っても取れなくなる。

*私のように、曇るという口コミがネット上でも多い。これがなければHOYAビューを使い続けたと思う。

値段はやはり高く、4万以上

 

しかし、アイシティのシステムを利用すれば、購入日から1年以内なら、レンズ1枚5,000円で何度でも購入できる。このような特典を利用してスペアを作っておくともう少し安くあがる。

  • メニフォーカルZ

そこで、変えたのが「メニフォーカルZ」

 

装着巻はHOYAの方が好みだが、曇りは全く発生しない。ソフトと同じような完全なフィット感を求める人にはお勧めしない。個人差があると思うが、ごろごろ感はやはり否めず、家に帰るとすぐにメガネにチェンジ。

 

追記:その後、1年以上を経過した頃か、慣れてきたのかずいぶん楽になって、寝るまで装着することが増えた。

 嬉しいメルスプラン

メニフォーカルに変えた理由の1つは、「メルスプラン」が利用できること。

 

メルスプランとは、月会費を払いながら、その間、基本的には何度でも、通常は1年を目処に新品に交換してもらえるシステム。

 

コンタクトには目に見えない傷や曇りがどうしてもついてしまうので、調子がよくても1年に1回は買い換えたい。

 

私の通っている店舗(眼科医)は非常に親切で、半年毎の交換を推奨してくれているので、1年に数回訪れて、目と視力のチェックをしている。目の健康にとっても、コスパからしても、年間約25000円の会費ははさほど高くない。

 

おかんおかん

細かい値札やメニューなんかを、目を離して見ている友人たちに「読もうか?」と言ってあげる。ちょっと優越感かも(笑)。

 

 

目は商売道具。大事にしようね。

 

スポンサーリンク