スポンサーリンク

TUMI(トゥミ)のウィメンズ・バックパックが可愛い!

 

おかんおかん

50代になってカジュアル志向が強くなって、バッグはトートかリュックがほとんどになってきた。

でも、仕事の場や、キレイ目な格好のときもキマるリュックって意外に少ないんだよね。

 

最近買ったトートの記事はコチラ↓

 

どうしても、一般的なバックパック(リュック)は、ユニセックスで、ちょっと硬すぎたり、カジュアルすぎたりするものが多い気がする(私が知らないだけかも)。

 

ナイロン製でも、かなりのお値段がするものもあるのが不思議。

 

かといって、ハイブランド(グッチやプラダやヴィトンなど)のリュックは、品質は間違いないものの、お値段的にちょっと辛い😿うえ、人と被ることも多く、旧モデルということが分かりやすいのも何だかしゃく(笑)。

欲しいリュックの条件

欲しいと思うリュックの条件を挙げてみた。

 

  • スカートでもパンツスタイルでもマッチ
  • ハンドバック風にも使用可
  • レザーもしくはナイロン/レザーの高級感ある造り
  • 耐久性が高い
  • 収納力がある
  • 鞄製造メーカーの製品

 

おかんおかん

これでいて、お値段は10万を超えないこと。できれば5~6万くらいで、というのはゼイタクすぎ?

プラス、綺麗な色目だったら言うことないな。

 

5万!ってリュックにしては高すぎない?という声も聞こえてきそうだが、バッグだけはいいものを選んで買っておく方が最終的にはコスパ良し。安物は型崩れしたり、剥がれたりすることがやはり多く、安物買いの銭失いになりがちだ。

 

そんなこんなで、街に出かけるたび、人のリュックをチェックするのが癖のようになってきたw。そして、ある日、ビビッと来たのが、オットのバッグパック購入の際に偶然見つけた「Tumi」のレディースバックパック。

Tumiのリュックのお気に入りの点

TUMIのバッグに関してはこちらの「公式サイト」をチェック。

 

TUMIとはこんなブランド--

 

トゥミ(Tumi Inc.)は、アメリカニュージャージー州サウスプレーンフィールドを拠点とする鞄の製造・販売メーカー。1975年設立。

ナイロン製(高耐久度で知られ「FXTバリスティックナイロン」と称される)と革製があるが、ナイロン製が中心の商品展開である。

 

そのとき一目ぼれしたのは、Tumiの「ハドソン」

 

「ハドソン」よりややお求めやすいのが「カーソン」シリーズ。色もこのような鮮やかな可愛い色の他、使いやすいブラックや紺もあり。web限定色もおススメ。

 

 

ここからは、悩んだあげく、わたしの購入したモデルを紹介する。仕様や素材はやや異なるが、サイズとその他の機能は、上記のものとあまり大きな差はない。

 

ビジネスシーンにもマッチ

いかがでしょう。なかなかの美人リュックではないか。

 

これなら、普段使いはもちろん、ビジネスシーンでのジャケットにも違和感なく合わせられる。

 

メインのコンパートメントは2つ。背中側の方のコンパートメントは衝撃吸収パッド入りなのでノートパソコンを入れるのに最適。

スポンサーリンク

 

 

A4の資料や本も楽々大量に入る。重たくなり過ぎたときも、そこはリュックなので背負えば運べてしまう。

 

内部はこんな感じ

 

もちろんながら、スーツケースの持ち手を挟むベルト付きだ。出張時などに便利。

 

裏側は

遊びのシーンでも活躍

そして、遊びの場で威力を発揮するのが、上でも言った「FETバリスティックナイロン」という素材。

 

このバリスティックナイロンは、強度と防水性が非常に優れていて、軍事用に開発された生地なのだそうだ。TUMIの「FXTバリスティックナイロン」は普通のバリスティックナイロンよりもさらに7倍の強度を持つという。

 

そのため、急に雨に降られたときでも大丈夫。わたしはビーチやプールなどの遊びの場でも気兼ねなく使っている。スコールの多い沖縄暮らしではかなりありがたい。

 

アウトドアに持参して、かなり乱暴に扱っても、ヘタりもしないし、クタクタになる気配もない(もう少し丁寧に扱わねば💦)。

 

バリスティックナイロン

 

取り外ししたときにアクセサリーや時計を入れておけるポケットまで。仕事が細かい!

 

貴重品用ポケット

 

アフターフォローの良さ

そこそこのお値段なので、アウトレットやオークションサイトなどでお安く手に入れたいところだが、正規店での購入をおススメする。

 

というのも、トゥミの正規販売店または正規代理店で購入したトラベル、ビジネス、およびバッグのコレクションは5年間の製品保証がついている。

 

そして仮に5年以上経っていても、購入店へ直接持ち込むか、ウェブサイトから修理を申し込んで、製品の修理を有償で頼める。修理に必要な見積もり金額を了承した場合のみ、修理の段階に進む。

 

バッグはファスナー部分などが壊れてしまうこともあるので、正規店でのアフターサービスがあると安心だ。公式サイトでは常時セールも行っているのでチェック要!

 

おかんおかん

さて、最後にサイズ感をお伝えしますね。

サイトの画面で見るよりは実物は大きいと思われたでしょうか?

それはわたしの身長(155cm)のせいかもw。

 

リゾート系の洋服でもあまり浮いていないはず。

 

全身からのサイズ感

 

意外と大きい?

 

わたしは2,3日の旅なら、このリュック1つでOKな場合多し。

 

さすがに使い過ぎているので、別モデルの新カラーの購入をひっそり検討中。

 

メンズもオシャレなので、誕生日やバレンタイン、クリスマスのプレゼントにして、夫婦やカップルでお揃いもいかがかな?

 

 

スポンサーリンク