Sponsored Links

もっとも捨てたいのは「夫」なの!?

ジムで自転車をこいでいる間、備え付けの雑誌を読むのが習慣。30分の間に何冊もななめ読みできるからめちゃお得なのだ。ついでに運動をした後は、高性能マッサージ椅子(無料)で雑誌を読みながらモミモミしてもらうのもいつものコース。だから、月間にそこそこの量の雑誌を読むことができる。トレーニングするのが本来の目的なんだけど、アラフィフだもの無理しない。

ジムでいつも読んでる「クロワッサン」。今月号はどうも「離婚」特集のよう。

なぜそんなに夫を捨てたいのか、妻のホンネを調べてみたら・・・。

佐藤愛子さん
でもほんとうに夫を捨てても大丈夫でしょうか?

「捨てたい」心理の裏に潜むのは、潜在的な性役割への異議申し立て。

賢くすれ違って暮らすのも、夫婦円満の知恵かもしれません。

不満があっても喧嘩をしても、やっぱり一人じゃ生きられない。

ああ、夫婦って難しい、結婚にまつわる名言集。

オレの話も聞いてくれ! 夫の立場から離婚を語る。

知っておいて損はありません、「ニコニコ離婚講座」開講。

ぐっときた、明日が見えた、離婚が織り込まれた映画たち。

女友だちと一緒に暮らして、離婚の寂しさが癒えました。

夫の怒りも鎮まる?すぐに買える極上スイーツ。

 

衝撃なのは、ルポライターなる女性曰く、「夫を捨てたい」と一人の女性が口にしたところ、その場にいた他の6名の女性がみな「私も、私も」と後に続いたと書いている。

そんなバカな、場を盛り上げるためにのってあげただけじゃない、と思いつつも、クロワッサンで採りあげるくらいだから、離婚願望って多くの女性が潜在的に持っている、いわばメジャーな願望なのかも。ネイルしつつアラサーネイリストAちゃんにふってみたら、

「お客様もほとんどだんなさんの愚痴ばっかりですねぇ」

と。美容室やエステサロンなどの、適度な距離感の関係が存在し、一定時間密着して同じ時間を過ごす場所では、日頃のうっぷんがデフォルメされて出てしまうからだろう。特に関西人であれば、話を盛って、笑わせたいという欲求も加わる。幸せな話は基本、大して面白くないことが多いから(笑)。

奥様のマズローの欲求5段階説

 

きっとみなさんもご存じのことと思う「マズローの欲求段階説」

  1. 生理的欲求-生命維持のための食欲・睡眠欲・性欲などの生理的欲求。
  2. 安全の欲求-身体的・経済的安定性、高い生活水準、事故防止などの欲求
  3. 親和の欲求(社会欲求と愛の欲求)-自分が社会や他者に必要とされ受け入れられたい、どこかに所属したいという欲求
  4. 自我(承認)の欲求-集団から価値を認められ、尊重されたいという欲求
  5. 自己実現の欲求-自分の能力や可能性を最大限発揮し、なりたい自分になるという欲求

ひとはこの欲求ピラミッドを登っていくように運命づけられた生き物、とマズローは言った。

日頃、マズローの欲求段階を逐一意識しながら生きてはいないけど、これに自分や他人を当てはめてみると、やっぱりそうだなあと思うことが多い。

生理的欲求すら満たすことができない人はそうそういないとして、だんなさんを「ATM」として考える奥様方は、経済的な安定性と日々の生活を維持したいという欲求(安全の欲求)はいちおう満たされる。

でも、それにはやっぱり満足できない。愛したい、愛されたい、認められたい、と思うから、そこに摩擦が生まれる。ある人は不倫に走り、ある人はキャリアアップに励む。大半の人は、2.の安全の欲求が十分に満たされただけでは足りないから。

結婚って人生の墓場なの?

未来には「結婚制度」自体がゆるやかに崩壊していって、結婚するのはある意味変わり者たち、自由な男女関係が生まれてくるような気がする。だから「離婚したい」という悩みも必然的に減ってくるかもしれない。でも、どこかに所属したいという欲望は、制度には縛られないだろう。

ただ、シングルであろうが、結婚しようが、他どんな生き方をしようと正解はない。自由な選択が許される自由な生き方を望む人は独身で欲求が満たされているし、無事離婚できた人は、結婚生活を継続したくないという欲求が満たされている。

逆に、「離婚したい」と思いながら結婚生活を継続している人は、満たされない思いを抱えつつ日々を送ることになる。制度なんて時代と共に変わるもので、もちろん社会を構成するには必須だけど、しょせんはお仕着せ。自分の幸せを決定するのは、自分自身の欲望が満たされているかどうかじゃないのかな。

独身は淋しさの塊じゃないし、結婚は人生の墓場でもない。大抵の場合は、欲求が満足されないフラストレーションとストレスが悩みの原因で、それが自分自身だったり他人だったりを傷つける行為につながっていく。

今、自分はどの欲求を満たそうとしているのだろうか-人生の後半戦に入って見直す機会が増えてきた。新たなことを勉強したいというのは「自己実現の欲求」なのだろうか。そこまでの欲求はすべて満たされているの?

 

ちなみに、クロワッサンで「離婚診断」みたいなコーナーがあり、試してみたところ、

「子供がいない」→「経済的に自立している」→「離婚の意志がある」

というパターンでは「ロケット離婚」が可能らしい。相手も同じだけどね。

一応、離婚できる状況が一番整っている(離婚の意思はない)われわれだからこそ、結婚を継続すべきかどうか、一番ニュートラルに考えられる。理論上はいつでもこの関係を簡単に解消できるから、危機感も、緊張感もある。わたしはひどくワガママだから、自分の欲望が満たされない場所で、うつうつと暮らし続けることはとても無理だし、おとんもおそらくそういう人間だ。

結婚の良さは、信頼できるパートナーが側にいる「安定感」である一方で、「不安定感」が夫婦の絆を固める重要な要素かも、と思う結婚22年目。

 

Sponsored Links