Sponsored Links

美乳作りは何歳から?

おかんおかん

現在はアラフィフのわたし。

初めて『ブラデリス』を使用したのは30代で、ブラデリス歴、けっこう長いのだ。

「ブラデリス」が訴えている「美乳」&「育乳」がかなったかどうかはさておき、ここ!というとき(どんなとき?)はブラデリス登場。

BRADELIS NY(ブラデリス・ニューヨーク)とは?

女性ならば知ってる方は多いと思うけど、もう1回、このブランドを紹介しておきたい。

ニューヨーク生まれのブラデリス。アメリカの補整下着の機能と、日本のデザイン性と高品質とを合わせた輸入ブランド。

ニューヨークを拠点に米国でも大成功を収め、日本でもワコール、トリンプに続く最大手の下着ブランドなのだ。

あの「ヌーブラ」を日本に持ち込んで発売したのもこの会社で、今も日本輸入総代理店をつとめている。

ヌーブラ旋風、同世代の方ならよくご存じだよね。

 

ブラデリスの特徴は、他の多くの補整下着メーカーと同じように、ボディフィッターと呼ばれる店員さんがカウンセリングを行い、個人に合わせてきめ細かなフィッティングを行ってくれる。

下着選びは自分の身体に合ったフィッティングが肝なので、一度専門家に選んでもらうといい。

ブラデリス店舗は全国に点在。

ブラデリス独自の育乳3ステップ

有名なのが、補整しながら胸を育てるという3ステップ。

 

  1. ステップ1「集める」
  2. ステップ2「寄せる」
  3. ステップ3「持ち上げる」

 

このステップ1,2,3に合わせたブラがちゃんと用意されている。

「背肉、脇肉、腹肉」、それらを本来あるべき位置に戻してあげて胸を形作っていく。

巨乳さんは流れないように、貧乳さんは集めるようにして、最終的に、「お椀型の理想的な形」を完成させる。

副乳
副乳

 

「副乳(ふくにゅう)」が怖い!

「副乳」をご存じだろうか。わたしはいつも「はみ乳(はみちち)」と呼んでいる。

Sponsored Links

副乳(ふくにゅう)は、乳腺堤(脇の下、通常の乳頭、股を通るライン)にある乳房。女性の5%、男性の2%が副乳を持つといわれている。腋の下前面の脂肪を副乳と呼ぶことがある。

わたしはこの「はみ乳」があり、健康的には問題がないが、そのせいで実際以上に太って見える。

ブラデリスのブラジャーはその「はみ乳」を集めて寄せてくれる。

いつもきちんと副乳を収めておくと、いつかは胸に成長するかも。

わたしがブラデリスを気に入っている点は以下の3つ。

お気に入りの点

1.デザイン性

サイトを見てお分かりのように、補整下着!っていうイメージを脱却して、デザインがとってもお洒落。

ギャル過ぎず、オバサン過ぎずのちょうどよさ。

欧米人向けのセクシーなデザインも多いけど、シンプルな形やキュートな柄も数多くそろっている。

 

おかんおかん

下着を替えると、気持ちも変わるよね。

ときにはレースの綺麗なブラとショーツを身につけてみると、違う女性になった気がする。

誰にも見せなくてもね。

2.価格の手ごろさ

そして、何よりも補整下着でありながら、4万、5万という無茶な値段設定をしていない。

どれも大体1万円未満で手に入る。

【ブラデリスニューヨークオンラインストア】では常にセールも行っているので、フィッティングで自分のサイズが分かった後は、時々チェックしておけばお得に手に入る。

ワンシーズン1回は、1枚ブラウスを我慢してブラに投資しておくと元は取れる。

3.種類の豊富さ

ブラのサイズもとっても豊富。

貧乳さんも巨乳さんも、まずサイズがないという人はいない。

そして、アラフィフどころかアラカン向けの商品設定もされている。いつまでも美しい胸をキープさせていたい方も安心して商品を選べる。

今回はブラをご紹介したが、「育尻」用のガードル、ショーツや、ナイトブラなんかもオススメなので次回に。



Sponsored Links