Sponsored Links

10年以上乗り続けた車をついに買い換えた。車を選ぶポイントっていろいろある。おとんと私とでは全く見ている視点が違う。それでも二人とも気に入った車を購入できて、週末は楽しくドライブしている。

車を選ぶポイントは?

私は色が大きなポイント。「色」には結構うるさいのだ。洋服もそう。一言で「青」といっても、漆黒に近い深い藍色もあれば、青空のようなペールブルーもある。ほんのちょっとの違いで雰囲気が一変する。色は心理学とも深い関係がある。これを語るとまた長くなりそうなのでここで終わり。ショールームで「ミッドナイト・イン・パリ(仮名)」というめちゃくちゃ気に入った色があって、それだけでこの車が欲しくなった。

ともかく見た目重視なので、色、そして「顔」が気になる。

おとん、は男性なので、よくありがちだが、「走り」なんかかが気になるらしい。サスペンションの硬さ?コーナリングの走り?そんなの大して違わないじゃん。それを言うなら「燃費」の方がもっと重要じゃないか。

ともあれ、二人とも某ブランドの某モデルが好みに合って、すんなりと決まった。

さて、本題。

車の塗装はなぜきれいか?

車の基本機能の「走る」は、それは大事だけど、美しく装うことは、私のようなユーザにはとても大事だ、

160526_153043
MY CAR❤

さて、美しく装うこととともに、車の塗装には、錆を防ぐという大きな目的がある。車の「下塗り」には電着塗装という方法が使用されている。

電着塗装とは--電極と被塗物にそれぞれ違う極性の印加電圧を負荷して、その間に塗料を満たした状態で直流電流を流し塗装する方法。一般的にアニオン電着塗料とカチオン電着塗料の2種類がある。現在の防食を目的とした電着塗料のほとんどは、カチオン電着塗料に置き換わっているが、アルミサッシや家電製品にはアニオン電着塗料が使用されている。

電着塗装
電着塗装

 

カチオンとは正電荷を帯びた陽イオン。アニオンとは逆に負電荷を帯びた陰イオンのこと。

車の塗装は「下塗り→中塗り→上塗り」の工程と、その上のクリア塗装でできている。この電着塗装の下塗りが、車の錆防止のキモであり、そしてムラがほとんどできない。ムラができないからこそ、粉を吹き付けて色を塗る「粉体塗装」で、あの綺麗な色が実現されたのだ。

当たり前のことだけど、化学は私たちのすぐ身近にある。化学を勉強していれば、物の成り立ちを知っていれば、買い物をするときも、さらに楽しくなる。カチオンやらアニオンやらエポキシ樹脂やらと聞けば、勉強の意欲がそがれるときも、愛車のことを知りたいと思えば化学も興味が沸く。高いお金を出して得たメタリックパール。この艶や光沢は何層もの塗装の集大成なのか。

面白いほどよく分かる

こんなことを偉そうに書いたが、自動車の塗装に興味が出始めたのは、この本を読んだから。

好きなのだ。「面白いほどよく分かるシリーズ」。

Sponsored Links