スポンサーリンク

1000円マウスじゃ駄目?

コチラの記事で、翻訳者の三種の神器の1つとしてオススメのマウスを紹介させていただいた。

おかんおかん

超、超、オススメ!なんだけど・・・

お値段、普通のマウスと1桁違ってるんだよね。


 

Contourの宣伝動画では、通常のマウスを使ってる人は「類人猿」扱い(笑)。

この動画に登場するのはRoller mouse red

私が使っているRoller mouse Pro2よりもオシャレで小型なので、女子の手にはこっちの方が合うかも。

最新の「RollerMouse RED」「RollerMouse RED Plus」の違いは付属のパームレストのサイズ

Redは省スペースで机の小さな人にお勧めな一方、パームレストが大きい”RollerMouse RED Plus”だと掌が載せられるのでゆったりと作業できる。

Plusはスクロールキーの上のボタンで、マウス解像度を5段階(800/1000/1200/1600/2400)に変更できる

 

おかんおかん

あー、買い換えたくなってきた。

のんのん

無駄遣い禁止だワン。

ローラーバーマウスの使用法

動画の説明は英語で行われる。

翻訳者だけでなくWEBデザイナーやライターさんなどもこの記事を読んでくださっているはずなので、代わりに日本語で簡単に紹介。

 

roller mouseアップ
roller mouseアップ

 

基本は、指先のローラーバーを使用。ローラーバーをスライドさせて左右にカーソルを移動させる。押し込むとクリック。よく使う機能は以下の3つ。

  • 真ん中のスクロールバーで上下の移動が可能。
  • 右側のダブルクリックボタンを「ワンタッチ」でダブルクリック。
  • コピペもワンクリック

<コピペの方法>
・バーを動かして所望範囲のカーソルの色を反転させる。そのままでバー下の「Copy」ボタンを押すと範囲が選択される。コピーしたい場所で「Paste」を押す。

スポンサーリンク

もしくは、

・バーを動かしてコピーしたい最初の文字にカーソルを置く。「Shift」キーを押しつつ、コピーしたい最後の文字にバーを置き、クリックすると、その範囲が選択される。長い文をコピー選択したい場合がこっちが便利。

コピペ他の機能が高速かつ低圧で行えるため、以下の2つの効果が見込める。

  1. 入力速度の向上
  2. 手首への負担軽減

文章で書くと厄介そうに思えるが、実際に使用すれば、すぐに感覚的に作業できるので、操作方法に迷うことはほぼない。

 

160511_001723
キーボードと一体化

 

個人的に一番ありがたいのが、マルチモニター間のカーソル移動。

私はトリプルモニターなので、この画面間の移動が指一本で、アームレストに手首を載せたままできるのが本当に嬉しい。

 

160401_080454
モニター間移動

 

ローラーバーマウスの購入方法

RollerMousePro2のお値段は価格comでチェック!

redは現在amazonで34000円(しょっちゅう在庫も価格も変動しているのでマメにチェックするとよい)。

タブレットかモニター買えちゃうお値段なのが唯一のデメリット。

並行輸入だから海外在住の方は安く買えるチャンスがあるかも。

おかんおかん

腱鞘炎になりかけてた手首もスッキリ。

ガンガン作業できてるよ。

スポンサーリンク