Sponsored Links

VOCE ベストコスメ1位の言葉に弱い・・・

おかんおかん

相変わらずBBクリーム難民。

というか、新商品が出れば試してみたくなる~。

50代のわたしにとっては「乾燥」「日焼け」が何よりも大敵なので、日頃のベースメイクは、パウダーファンデではなくリキッドのBBクリームを愛用している。

「BBクリーム」とは

ちなみに、今さらだけど、BBクリームとは-

BBクリームの「BB」とは、「Balm」の略称。Blemish (欠点・傷)を補うクリームの意。

ピーリングなどで刺激を受けた皮膚を鎮静、保護するための目的で作られたクリームを「BBクリーム」と呼び始めた。

BBクリームの持つ保湿機能や再生機能に注目し、下地とファンデーションの両方に使えるメーク商品へと展開された。

わたしの印象では、韓国のコスメ商品から火が付いたという記憶がある。

今では、BBクリームやCCクリーム(メーカーによって、コントロールカラークリーム、カラーコンディションクリームなどの違いあり)は、ごくふつうに浸透しているね。

 

なんと言っても、BBクリームの便利なところは、「保湿」と「再生」という重要な機能に加えて、

化粧下地、ファンデーション、コンシーラ、日焼け止め、クリーム

これらのすべての機能を1本ですませることができること。

この「オールインワン」機能が忙しいわれわれにとってはとってもありがたい。

「アテニア」のBBクリーム、購入しました

日焼け止めも、BBクリームもちょうど切れかかっていたので、「初めての方」限定で、お得な特典の付いた【アテニア BBクリーム】を公式サイトからゲット。

特典として、クレンジングの「スキンクリア・クレンズオイル」と「マスク」をいただけた。

クレンジングの試供品も30mL(10日分)のたっぷりボトルなので当分使えそうだ。

 

アテニア到着

 

本体は30gと小ぶりで2000円。この大きさと価格がある意味ちょうどいい。

というのも・・・

Sponsored Links
  • お試しするつもりなので、余らせずにすむ
  • ポーチにすっぽりはまる

こうしたファンデーションは、買ったはいいけど、色味や使い心地が気に入らなくて、そのままお蔵入りのケースがある。

あるいは、季節を超えると、何となく使わなくなって、使い切れずに古くなることも。

 

アテニア現品

 

わたしは、たっぷり使う派ではないので、これくらいだと、季節が変わる頃にちょうど使い切ってしまえる。

2000円ならば、失敗しても何とか許せる価格帯だ。

使用した感想

選んだのは、オークル系や健康的な肌色のための<ナチュラル>

これでもけっこうな明るさなので、色白さんのための<ライト>だと白すぎると思う方が多いかも。

ワンプッシュでかなり伸びるのでコスパはGOOD

 

何より、アテニアがおしている

「隠しピンク設計」

「ツヤ」「血色感」が増すらしい。

 

アラフォー、アラフィフのくすんだ肌に足りないのは、やっぱりふんわりピンクの血色感なのかも(笑)。

 

ナチュラル

 

この程度の量でも、適度に伸びる。

最初に出し過ぎてしまうと厚塗り感が出て、一気に老けてしまうので、小量から塗り込むのがBBの鉄則。

肌になじむように塗り込んでいく。シミやソバカスが完全に消えるわけではないけど、カバー力はまあまあ。

ピンクの「華やぎ」が何となく分かる。

 

おかんおかん

使い心地は良くも悪くもふつう。「血色感」引き出せたのかな~。1日外出して様子を見てみるね。




Sponsored Links