Sponsored Links

 

宝塚大劇場が一番美しい時期を迎える桜満開の「はなのみち」。桜並木の下で写真を撮る人もつらなって、お花見気分も満喫しつつ観劇へ向かう。

また、4月は宝塚音楽学校の入学式の季節。こちらまでフレッシュな気持ちになるね。

お気に入りのスターがトップに就任して、ウキウキ気分に拍車がかかる。

 

 

さて、人気演目で良席が手に入らなかったり、お財布との兼ね合いで難しかったり(笑)で、2階席を検討してみたい方もたくさんいらっしゃると思う。

 

二階席の料金

まず、全体の座席配置と料金を紹介しておく。

このようにS席の範囲は広く、2階席の一部もS席扱いとなっている。そして、2階のみにB席があって、一般公演の場合、B席の価格はS席の半分以下だ。

 

 

 

二階席の見え方は?

 

おかんおかん

あれ、意外と近くて、舞台全体が見えて楽しいかも♬

こちらは二階席最前列から見た光景(S席)。

宝塚に限らず、2階席3階席ファンってけっこう多い。わたしも複数回、同じ舞台を観るときは2階をあえて選ぶこともある。

特に2階の最前列は、以前はSS席だったほどの良席で、前にさえぎるものがなくて、特別な感覚を味わえる。ダンスのフォーメーションを楽しむには絶好の席だと言えるだろう。

2階席の最前列の位置は1階の14列の上に相当する。舞台までの距離は10列代後半くらいにあたるかな。

 

 

中間のA席となるとちょっと遠くなる。それでも、1列違うだけで2800円変わるので、2階席の8列目はめちゃお得ともいえる。個人的には2階席の2~7列目のS席や1階のA席よりおススメ。

 

 

こちらはB席の最後列。さすがに遠いか。

 

 

B席後列の端っこになってくると、端の方や大階段の上はたぶん見切れてしまうね。

見え方は割り切って、3500円で2回訪れるという選択もあり。

二階席ってコスパどう?

上で説明したように、二階席は使いようによってはコスパが高い。

時と場合によってB席も利用したらいいんじゃないかな。

 

 

宝塚で約20年を過ごした手塚治虫。手塚治虫記念館もついでに寄ってみてはいかが?

 

Sponsored Links