Sponsored Links

どんな翻訳支援ツールをお使いですか?

翻訳会社に登録してもらうためには、就活と同様、自分が作成した職務経歴書や履歴書を送る。会社によっては、独自の応募フォームに記入させられることもある。多くの場合、応募フォームには、

「どんな翻訳支援ツールをお使いですか?」

という項目があるはず。

キャリアだけは長いわたしなので、様々な翻訳会社とおつきあいしてきた。最近はあまりエージェントの新規開拓をしていないので、最新情報を正しく把握できているかどうかは不明だけど、まわりの声を聴いても「翻訳ツール必須」「翻訳ツール推奨」という会社が増えてきていることは確か。

Google翻訳などを使う一般の人々もお分かりのように、翻訳ツールもどんどん進化している。プロが使う有料ツールは言うまでもない。今後もこの流れは加速していくだろう。

ツール是非論は、わたしなりの意見もないではないが、別の方向にそれてしまいそうなので割愛。

フリーランスのわたしが「翻訳」という仕事に求める第一の目的は「稼ぐ」こと。そのためには効率化は欠かせない。もう1つ、アラフィフともなるとMAXの集中力が続くのは1日5時間程度じゃないかと思うようになってきた。それを文字通り「支援」してくれるのがツールの存在。

ツールの利用後は、利用前よりも、より短時間で同じ翻訳量をこなすことができている。

「じゃあ、どのツールを選べばいいの」

というのは本当に悩みどころ。この記事は、その選択の参考にしていただきたい。

 

 

翻訳支援(CAT)ツールとは

翻訳支援ツールとは、CATツールともいわれる。CATはComputer Aided/Assisted Translationの略語。

CATツールというものを知らない人のために-

翻訳支援ツールは、翻訳を行う者(翻訳者)がより高品質な翻訳を効率的に行うために使用するソフトウェアの総称。

翻訳支援ツールとして主なものは、翻訳メモリツールと翻訳ソフトである。翻訳者の間でもしばしば誤解されているが、翻訳メモリツールと翻訳ソフトは基本的な発想をまったく異にするものである。翻訳メモリツールと翻訳ソフトには、それぞれ長所と短所がある。(Wikipediaより)

ざっくりと分類するならば、google翻訳に代表されるように、ある程度の翻訳をしてくれる「翻訳ソフト」型と、蓄積された用語や文章をメモリとして利用する「翻訳メモリ」型とがある。

代表的なものを挙げると、以下のとおり(青字は所有しているもの)

  • Felix
  • Google Translation Toolkit
  • Memsource
  • OmegaT
  • TRADOS
  • TraTool
  • Wordfast
  • 対訳君
  • The 翻訳
  • Pat transer
  • Med transer
  • memoQ

最も広く使われているのが「Trados」、特許翻訳者の間では「Pat transer」、「The 翻訳」、医薬翻訳者の間では「対訳君」、「Med transer」がメジャーではないだろうか。

支援ツールの代わりにマクロや他のアプリ/ソフトを使いこなしている翻訳者も多い。逆にマクロを全く使用しない翻訳者は少数派かな?

MemoQのお勧めポイント

その中で、最近ユーザが増えつつあるmemoQ。わたしも今はmemoQを中心に使用している。今回はmemoqとTradosとを比較して、わたしがmemoQを愛用している理由を述べてみよう(上で書いたようにツールは3つしか実践したことはない。そして、おそらく、多くの機能を使いこなしてはいないので単なる個人的見解)。

1.相対的に安価

★ Trados

SDL trados studio 100000円:全機能付き:

SDL trados studio plus 124000円:全機能に加えて、2台のPCにインストール可。

★ memoQ

620ユーロ/539ドルのいずれの通貨も可。(2016年12月現在で75000円/62000円)。現在はドルの方がお得だけど、わたしの購入時はユーロの方が安かった。必ず為替をチェック要!2台までインストール可。

とはいえ、どちらもproz.comの「支援ツールキャンペーン」などでしょっちゅうセールをやっているので定価はあってなしのごとく?こちらの記事もご参考までに。

世界最大翻訳者ネットワークProz.com、活用していますか?

先日、memoQの無料セミナーに出かけて、このようなクーポンコードをいただいたのだけれど、わたしがProz.comで購入した時と全く同じ値引率(笑)。

TradosもmemoQも30~40%程度のセールはよく行っているのであわてて飛びつく必要はない。

 

 

このように、お値段的にはmemoQの方が安く、しかもbasic版でも2台までインストール可。

そして、実はmemoQはTrados形式にも不具合なくコンバート(変換)できるので、Trados必須だから・・・という場合でも、memoQ上で作業をして最後にTradosに流し込めばいい。

 

2.直観的なインタフェース

 

実は先に導入したのはTradosの方。そのときに参考にさせていただいたのが上の本。Tradosに関しては先輩諸氏がイロイロとサイトでも説明してくれている。ただし、「用語集」を組み込み、なんとか使い始めるまでは、数日間四苦八苦した。セミナーや説明会には参加せずに独学で導入したのでかなり無駄な時間を費やしたと思う。

一方、memoQの方は、本当に画面を見れば直観的に操作できる。オンサイトのHelpを参照する程度で、おそらく用語集といくつかのメモリを組み込んで実際の翻訳作業を始めるまでは半日程度だったと記憶している。でも、これはTradosでの苦労があったからで、一からmemoQを導入したとすれば、もしかしたら迷った時間も増えたかもしれない。

その意味では、この2種に限定せず、安いツールを導入するか、無料トライアル期間を利用するかして、操作に慣れておくと、どのツールでも構成自体はそれほどの大きな差はないので、すぐに慣れることができるはず。ツール怖いっていう人も、恐るるに足らずだよ。

3.スムーズな動作

何よりもmemoQで嬉しいのが反応の早さ。Tradosの場合、機械が自動的に示唆してくれるよりも、自分が単語を打ち込むタイピングの方が早くて、そのタイムラグにイライラすることが多かった。フリーズもちょくちょく発生。ちなみにPCのスペックはSSD、16GBでそんなに悪くないはず。

memoQに変えてからは、テキストエディタよりはさすがに遅い気もするが、ほぼストレス無く文章を打ち込めている。フリーズの経験は今のところなし。

スピードに関しては、自分のメモリの使用法や、操作のテクニックが悪いところがあるのかもしれないが、解決方法を探るよりは楽なツールを選んだ方がいいかという結論に達した。

まとめ

残念ながら、上で言ったように、今のところ、memoQ には公式日本語マニュアルや、Tradosのような入門本やネット上でのまとまったサイトもないので、本当に知りたいときは、いちいち自分で英語のHelpを参照するのが面倒と言えば面倒。

先日参加したmemoQのセミナーでも

「そんな機能があったのか!」

と驚くほどの初心者ぶり。少しずつ便利な使い方を導入していって、さらなる効率化と、完成品のクオリティの向上に努めたい。

ネット上での日本語情報がまだまだ少ないmemoQ。基本的な使用法や見つけたtips、こちらのサイトでも紹介していければな。

本日はここまで。

 

Sponsored Links