Sponsored Links

時間が足りない!

「48時間でも足りない、一日50時間ほしい!」

としょっちゅう叫んでいる。

仕事もちゃんと片づけたい。自分の趣味も楽しみたい。ワンコとのんびり散歩もしたい。そしてたまにはおとんとデートもしたい。

翻訳者の仕事術-何よりもリスク分散を心がけています

 

この記事でも書いたけれど、翻訳業の他にリスク分散のためにもアンテナはいろいろな方向に向けておくべき。もちろん翻訳業そのものも新しい情報を取り込んでいくことが必要だ。アラフィフともなれば、先が見えてきたこともあって、ますます一日一日が貴重だ。

でも、物理的に1日24時間を48時間にすることは不可能。

無駄な時間を洗い出して、こま切れに生まれた時間を有効利用するような、せかせかした効率化も苦手。

そこで思った。

自分の他に、もう1人の自分、もう2人の自分・・・がいればいいんじゃないか!

つまり、同じ時間を、最大限に利用するってこと。

マルチメディアのススメ

マルチディスプレイの構成

以前にもお伝えしたことがあるかと思うが、今はトリプルディスプレイ。正直なところトリプルでも足りなくて、もう1個増やしたい。

 

マルチディスプレイ

 

たいていデフォルトで開いているページを紹介。

★中央
取り組んでいる「原稿」(多くの場合、某翻訳支援ツールを使用しているので、日英対訳画面となっている)と、「串刺し辞書」2種。

★左
「仕事用メール」と、目下の原稿に関係する「参考資料」

★右
「別の勉強用の資料」(映像&音声)と、Googleなどでの調べ物に使用する画面

というふうに使用している。ちょっと前までは、左画面の片隅に株式チャートを表示させていたのだけれど、精神的にあまり良くないので、短期の株取引は中止。

性格的にものすごく飽きっぽいので、午前と午後で英訳と和訳をチェンジしたり、複数の仕事を並行して進めたりしていると話したところ、

「ありえへん、集中が途切れて、効率悪いわ」

と反論された。でも、これって意外と効率がいい。1つの物事に集中力が何時間も続かないという理由もあるけど、少し時間をおけば、新たな視点から原稿に向かえるという利点もある。

あれ、さっきまで悩んでいたのにな・・・と思うことの答えや、なかなか思いつかなかった文章がすんなりと浮かんでくることも。

*マルチにしなくても、もっと大きな画面を利用する手もあるが、モニターを買い足しているのと、メディアを分割する方がしっくりくるので分けている。

情報を聞き流す

でも、一番注目してほしいのは、上で挙げた右画面の「別の勉強用の資料(映像&音声)」だ。

もうそんなこと、とっくにやっているかな?

最近のITの進化で最も嬉しいことの1つが、いろいろな情報や教育が映像音声化されつつあることだ。昔は地方に住むことがものすごく遅れをとることだった。だけど、今では学校も、各種講座も、いろいろな学びの場のオンライン化が進んできた。しかもPCだけではなく、スマホやタブレットに対応しているところも増えている。

語学に関係する勉強はもとより、趣味やビジネスのヒントをもらう、雑学の知識の幅を広げるために、気になる人の動画チャンネルをいくつか登録している(翻訳の仕事は、なかなかコレという分野に限定されず、浅く広い知識が役立つことも多い)。人によっては、著書を何冊も買うより、何倍もコンテンツが詰まった動画を配信しているのでめちゃお得。

本を読む時間をここで稼ぎだすことも。英会話の聞き流し教材は今も人気だが、聞き流しはやはり効果がある。芸能や社会情勢のダイジェストもチェックしておきたい。

何より、音声だけでなく映像があることがものすごくイイ。ツールの使用法などは、文章ではわかんない!というときも、ビジュアルだと簡単に解決がつく。そして、向こう側の顔/動作が見られることは、ただ立ってしゃべっているだけでも親近感と信頼性が増すことは確かだ。今後はスカイプを利用したインタラクティブ(対面型)の講座も受けてみたいなぁと思っている。

 

「聖徳太子じゃあるまいし、そんなにイロイロ流れてくると困るわ」

と思うだろう。もちろんわたしは超デキる人間ではない。根っからの「ながら族」だけど頭の回転は人並み。

全国の人々の中で、多くのことを並行してこなすことができる、最もマルチタスクに優れた人は、一流企業のサラリーマンや、大会社の社長さんなどではなく、「子供を持つ専業主婦」だと言われる。

彼女たちは、お弁当を作りながら、洗濯や掃除をすませ、だんなさんと雑談をしつつ、メイクや身だしなみを整え、子供たちとお話しする。ふつうは朝の1,2時間のうちに1日の仕事の大半を終えてしまうのだという。

そんなスーパーな人々に比べれば、仕事と勉強を併用するなどチャチすぎる習慣だ。

 

 

脳が何かに注目(注意)するとき

脳はすべての感覚入力を等しく処理しているわけではなく、その一部だけを優先的に処理して外界の認知や行動の制御に用いている。このように感覚入力を選択し、処理を促進させる神経機構を注意(attention)という。注意は特定の感覚種(modality)や属性(attribute)に受動的、能動的に向けられる。例えば、オーケストラの特定の楽器の音色にだけ注意を向けることができるし、文字列の中から数字だけを選び出すことができる。また、視野内に不意に現れたボールに反射的に注意が向けられることもある。

たとえば、屋外の「青い空」、「外で車が走る音」、「近所で子供たちがはしゃぐ声」、「湿った風の臭い」、室内の「テレビから流れてくる音楽」、「家族のおしゃべり」、そして、そういう外的な刺激だけでなくて、心にとどまった悩みや、夫に言われたこと、などなどの雑念。

脳というものは、そんな雑多なイロイロにすべて集中しているわけではない。

次々と生まれては消えていくものの中から自動的に、何かにスポットを当てて集中するとともに、何かを無意識に捨てていく。

さっき例に挙げた兼業主婦も、すべてに注力しているのではなく、ある作業は無意識に、ある作業は意識的に、注意をふりわけているはずだ。

カメラをのぞきこんで、一点にフォーカスがあてられているとき、他の部分はボケている。でも、ぼんやりとした部分も、潜在意識下にとどまるんじゃないだろうか。

付箋を活用

「ん?これは」と思う情報や言葉にフォーカスがかかることがある。そこでわたしが使っているのは付箋。言葉やアイデアをちゃちゃっと書き留めておく。

付箋の気に入っているのは、アナログなとこ。アプリを立ち上げなくてもいいし、他の機能がないシンプルなところが好き。ばんばん書いてばんばん捨てるので負担がない。

あんまり文房具にこだわりがないので百均で買い込んでいる。

どこでもオン!

持っているPCは他にはノートブックが2個。あとはIphoneとIpad。

 

今まではDELL派だったけど今回は【マウスコンピューター】製。コスパ良いので気に入っている。パソコンのスペック等についてはまた別の機会に。

ノートやタブレットなどは家のいろんなところに置いておいて、気分が乗ったらさっと立ち上げる。自分のサイトは、リビングでテレビを見つつ、お酒を飲みながらノーパソで書くことが多い。ここもながら族。Ipadは外に出たときに、ネタのための写真を撮ることも、ついでに調べ物をすることもできるのでやっぱり便利。無料版のOfficeをインストールしていて、Wordファイルも作成可。

テレビを見ていると、思わぬアイデアがわいてきて筆(マウス?)がなめらかに動くんだよね、いやお酒のせいかも。

遮断が必要

最後に一つ。

ただ、入ってくる情報をシャットすることも大切。

仕事部屋でデスクトップに向かっているときは、スマホをいじらないし、タイマーなどのスマホ機能も使用しない。上で、「仕事用メール」と書いたのはそのため。即レスを必要とする仕事メール以外の個人向けメールは用途別にアドレスを変えており、決まった時間にしかチェックしない。友人からのお誘いなどのメールやLINEもオンタイムでは確認しない。1時間を争う急用なら電話をかけてくるだろう。

スマホは本当に便利で、あの小さな箱1つでいろんなことができるけど、その一方で、自分が選ばない情報に注意がとられてしまい、時間を費やしてしまう大きな原因になる。その意味で、TwitterやFacebookなどのSNSもデスクトップには表示させていない。

誘惑に弱いわたしにとってはココが肝なのかな。

 

しばられる必要な時間をギュッと濃く凝縮して、自由に使える時間をもっと増やしたい、その参考の1つになれば。

 

Sponsored Links