Sponsored Links

また、無駄遣いを・・・

ともしかして、彼氏や旦那さんから、宝塚もうでを止められるヅカファン、だから内緒にしてるヅカファンも多いんじゃない?。1回の演目で2度、3度、宝塚大劇場と東京宝塚劇場のかけもちと、お金はいくらあっても足りなくて、オレ(ボク)のために遣ってほしいと不満を持たれてるかも。

それなら、いっそ彼氏や旦那もヅカファンにしちゃったらどうだろう。

わたしの周りでは夫婦ともども観劇するというパターンが結構多い。実はわがやの夫も、けっこう喜んで付き合ってくれるけど、劇場での男性率は1割程度とごく少数派なのだ。

男役と娘役はあいまいだった

今は、宝塚のメインは男役で、なんといっても男役を見て「キュンキュン」するのが目的。実は宝塚歌劇団の創設当時は、男役と娘役の役割はきちんと分けられていなくて、どちらもこなすことが、ごく当たり前に行われていたらしい。そして、創成期には、アイドルや女優のように、娘役の方が圧倒的な人気を博していた時代もあるという。嘘みたい。

夫に聞いてみたところ、やっぱり男役にはあんまり注目していなかったもよう。じゃ、どんなところが楽しいの?とリサーチ。

華やかなラインダンス

タカラジェンヌの入団後の初舞台は「ロケット」と呼ばれるラインダンス。

同期の40人が、足の高さ、首の向き、手の高さ、すべてが一糸乱れず、踊る様子は、フレッシュで、キュートで、ワクワクする。

宝塚ラインダンス
出典:MSN産経ニュース

初舞台の公演でロケットダンスを披露した後は、それぞれの組に配属されて、新しい出発点に立つ。家族や友達は、ドキドキしながら、あるいは涙を流しながら、この舞台を見ているはず。そんな気持ちを共有し、さっそくお気に入りのジェンヌを見つけるのも楽しみの1つ。

夫が好きなのは、「やっ」というラインダンスでの掛け声。

Sponsored Links

麗しの娘役

男役のそばに寄り添う麗しの娘役。可憐でカワイイことが必須条件だから、最高の女性の色っぽさ、最高の女の子の愛らしさを見せてくれる。男性もきっと魅せられる。

黒木瞳、檀れい、純名りさ・・・、宝塚を退団した後も、際立った美しさで活躍している。ミュージカルなどの舞台の世界で歌唱力を誇っている元娘役も多い。娘役がいるからこそ男役が光り輝くのだ。

退団した後も、テレビなどで息長くファンとして応援できるのも嬉しい。

豪華絢爛な羽根、羽根、羽根

ジェンヌがショーで登場するときに背負っているのが、「背負い(せおい)羽根」という羽根で、トップになるほど、大きく重くなっていく。

宝塚羽根
出典:http://blog.goo.ne.jp/8dia/e/855816599d190399191dac2d358deca6>

トップスターが背負う羽根は、フワフワした部分はダチョウの羽(オーストリッチ)で、細くてぴんとした部分は雉(キジ)の羽根でできている。重さは20キロを超えることもあるそう。

娘役トップ、男役2番手、そしてトップスターが、このものすごい羽根を背負って降りてくるシーンを初めて見るとき、男女問わず、きっと今までにない衝撃を受ける。これでズキューンと心射抜かれてほしい。

少なくともわたしはこの場面が一番好き。今日はどんな羽根かしら、と期待しつつ待つ楽しみを一緒に味わってもらえたらな。

他にもいいことあるよ

● トイレ-幕間には長々と伸びるトイレの列。男性はほぼ待たずに入れて時間節約。

● ジェンヌも注目-男性客が少ないときは、ジェンヌも気になるという。通い続ければ顔も覚えてもらえるかもね。

Sponsored Links

男性いないよな・・・と尻込みしている男子も、是非劇場に足を運んでほしい。決して多くはないけど、一人観劇男子も意外と見かける。たいていが美意識が高そうでイケメン率多し(ダンスのインストラクターさんとかかな?)。