Sponsored Links

2週間の休暇を!

夫のLONG VACATIONに伴い、私も思いきって夏期休暇をいただくことにした(すっかり秋だけどね)。これは確か30代の頃、北欧旅行に出かけて帰ることができなくなった同じく2週間の休暇以来。2週間のバカンスって欧米人にしてみれば笑止かな。

北欧の航空会社がストライキを起こして日本への帰国便が飛ばなくなったのだ。そのときは大手旅行会社のツアーで出かけていたので、旅行社負担で北欧旅行をゆっくりと満喫した。仕事場には多大な迷惑を掛けたけど楽しい思い出。

会社員ではなく、フリーランス。その特権は自由にお休みが取れること。でも逆に、休暇から帰ったら自分の席がなかったという会社員はそうそういないと思うけど、我々フリーランスの立場では、椅子取り合戦さながら、スルッと自分の椅子にどなたかが座っていることは予想に難くない。

ベッキーだっていくらでも代わりはいるもの、私程度の翻訳者の代わりは山ほどいるはず。20年経っても自信が沸いてこない。

仕事を忘れよう!

土日まで仕事のメールに追いまくられて、休んだ気がしないとストレスを溜めている会社員は多いはず。そんな中、勤務時間外のメールを自粛する企業も少しずつ増えてきた。

会社全体で取り組んでいるところもある。医薬品大手「ジョンソン・エンド・ジョンソン」(東京)は、勤務日の午後10時以降と休日の社内メール自粛を、4月から全社的に呼びかけている。ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)推進のためで、緊急案件は対象外。

商用車メーカー「三菱ふそうトラック・バス」(川崎市)では、長期休暇中の社員は、社内メールを受け取らないシステムを利用できる。送った人には「削除されました……○日以降にお送り下さい」と返信される。親会社の独ダイムラーでも実施しており、日本でも2年前から導入された。緊急メールは削除されない。
(出典:The Yomiuri Shimbun)

私は取引相手は大半が日本の会社で、土日に仕事のメールや電話を受け取ることは滅多にない。でも、こちらからの納品は土日に行うこともあり、そのときは自動返信ではない受領確認のメールが届くこともままある。対応は明日で良い、という前置きで、平日夜遅く打診メールが届くことも。翻訳会社の社員さんってけっこうなハードワーカーなのかも。遅い時間だと、翻訳者が見つからないと帰宅できないのかなぁ・・・と心配になって少し無理な依頼を受けてしまうことも。あ、もしかしてそれが手?

今回の2週間。さすがにメールに全く目を通さないという勇気はなく、遊ぶんだ!と思いつつ、連絡手段だけは手筈を整えた。

お休み前にしておいたこと

休暇の連絡とアドレス追加

言うまでもなく。直前ではなく納期が休暇とかち合いそうになる半月前くらいから、クライアント毎に、いつもの打診量や打診タイミングに合わせて適宜連絡。余裕があるなと思っても、旅行中は何が起こるか分からないため手持ちの仕事はゼロにしておきたいところ。休みに入る直前の納期のものも断っておく。そんなことを言いながら、数ヶ月音沙汰のなかった、しかも高レートのお客様から出立寸前にご依頼がかかるのは翻訳者あるある。涙を飲んでお断りした。

ぎりぎりまで休みの連絡を入れずに、こちら側でスケジュール調整をするというやり方ももしかしたら効率的なのかもしれない。しかし、コーディネーターさんを振り回すことを避け、翻訳者を探す手間を極力減らしてあげたい。そして、手直しやアフターフォローに素早く反応できないと相手先に迷惑がかかってしまう。そのため、休暇は土日含めて2週間だったものの、実質上は半月以上休んだ計算。

私が日頃使っているプロバイダはnifty。Niftyは*nifty wave mail(ニフティウェブメール)も利用可能。

*アウトルックエクスプレスなどは、電子メールは自分のパソコンの中に保存される。一方、「ウェブメール」は、電子メールの専用ソフトが要らず、インターネットにつながったPCがあればサイトへアクセスし、自分のIDとパスワードを入力するとメールの送受信ができる。

だから、いつものniftyだけでも足りるのだが、iphoneのアドレスにもccで送っていただくように連絡。

なんと旅行中、しかも高速道路のトンネル内走行中にブタペストからの電話が!全く時間差なくクリアにお話しできることに驚愕した。時代は進んでいるのね・・・。

ついでに言うと、車には夫のiphoneを連動させている。運転中に彼に電話が入ると、ナビ画面が電話画面に切り替わり、通話しながらスムーズに運転も続けられる。時代は着々と進んでいるのね・・・。

ホテルのWiFi確認

宿泊したホテルは6個。通信料がもったいないので(相変わらずセコい)、館内および部屋内で無料Wifiが使用可能かどうか確認しておく。今回、都市圏内で意外と通じず、山奥のコテージで高速Wifiが使用可能だったことにこれまた驚き。

ただし、ホテルで通じなくても、昨今フリーWifiスポットはずいぶん増えているので、あまり心配は要らないと思う。

電子機器の準備

仕事を忘れよう!と言った割に、持ち物多いよね。車だから、でっかいノートパソコンとIpadも持ち込んだ。

iphone-2016-10-16-19-07-32-281

 

仕事用というよりも、日頃大きなデスクトップを使っているから、調べ物も大きな画面が便利。本当はちょこちょこっと旅行記を更新したいところだったけど、旅の間に文章を書くのは無理だね。でも、iphone、ipad、PCは全部Sugar syncに同期させているから、iphoneでパチパチ撮りまくった写真を、夜にゆっくり大画面で見られるのが楽しい。

小さなUSBメモリと、ご自慢の?電子辞書も持参して、遊び半分仕事半分のノマドライフも実行できないではない。ただ、そういうスタイルは、私の場合もう少し準備を重ねてからかも。今の20代30代の方々は持ち前の馬力で、転々と移動しながら仕事をしていくことが、ある意味デフォルトになっていくのかもしれない。

結局どうだった?

お休みの連絡をしていたのだから当たり前だけど、最初の十日間はお仕事の打診ゼロ。けれど、最後の2日間で依頼が2件。帰ったら即お仕事か~とがっかりしつつも安心半分。フリーランスの性なのである。勤務時間外のメールを自粛する会社員とは逆行している。

こうしてどこでも(秘境に思えるところでも)ネットがつながる状況を確認すると、仕事は日本全国どこでもできるのだなと思う。でも、本当の休暇とは、こんなものをすべて置き去り、携帯電話に触れることすらなく、心身を解放することだろうか。そろそろその域に達していい年頃なのだけれども。旅行中もこんなことができないかな?と夫に仕事の種の相談を持ちかけたり、宿の女将さんと情報交換したり、持ち株や投信の気配をチェックしたり、としてしまう。

 

いろんなことに触れ、いろんなことを考えた2週間。次は1ヶ月かな。

旅の模様はなにわのプードルのんが行く!で今後どんどんアップ予定。お暇なら覗いてみてね。

 

Sponsored Links