Sponsored Links

NUXE(ニュクス)オイルとは

みなさんはどんなオイルを使ってる? 今回は、発売から20年以上経った今も世界60ヶ国で愛用されているニュクスのオイルを紹介。

%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%82%af%e3%82%b9%ef%bc%91

フランス生まれの「プロディジューオイル」

最近ではモデルのマギーが愛用していることで人気に火が付いたニュクスのオイル。ジム友がお風呂上がりに使っているのを借りて翌日購入し、その後リピートしている。

オイルブームとなってから、多くの会社がいろんなオイルを製造販売している。多すぎて何を買ったらいいのか本当に迷う。用途に合わせて別のオイルも使っているけど、自宅でヘアとスキンに使うオイルはプロディジューが一番多いかも。

写真に挙げたように、フランスのエスプリがぷんぷん匂ってくるようなオシャレなボトルも魅力の一つ。洗面所に置いていても格好いいので、ビジュアル重視(笑)の私にはそこも決め手。だけど、もちろん見た目以外にも、ベストセラーになる魅力は他にもある。

製品の成分

全成分:イソステアリン酸イソプロピル・マカデミアナッツ油・ヤシアルキル・ジカ プリリルエーテル・アーモンド油・ヘーゼルナッツ種子油 ・ユチャ種子油・香料・トコフェロール・ルリジサ種子油・オリーブ油・ヒマワリ種子油・ローズマリーエキス ・セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス・トマト果実/葉/茎エキス ・トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

というように植物系のオイルを主に配合している。当然、パラペン、シリコン、防腐剤は含有していない。この植物系成分のためか、香りが抜群にイイ!

ちょっと癖があって、逆にこの香りが気に入らないという人もいるようだが、私がニュクスを愛用するのもこの香りがあるからだといっていいほど。文章で書くのは難しいが、不思議な甘さと爽やかさが同居し、ユニセックスに男子がつけてもおかしくない。

マルチユース

便利なのは、髪、顔、身体がこれ一本でケアできること。

● FOR FACE
軽くマッサージしながら馴染ませた後に化粧水という順番。化粧品の馴染みがアップする。

オイルと化粧水で十分だが、乾燥が気になる冬などは、保湿クリームに混ぜて使うとさらに肌がしっとりする。

● FOR HAIR
シャンプー前に、頭皮をマッサージしながら塗り込む。そのままタオルを巻いて15~20分間ほど放置して、オイルをしっかりと浸透させる。半身浴やサウナで使用するといい。

その後は普通通りにシャンプーとトリートメントをすると、髪がツルツルの仕上がりに。

そんな暇がないときは、タオルドライ後に馴染ませてドライヤーをかけるだけでもOK。

● FOR BODY
ボディクリームやオイルを出してくるのが面倒なときは、肌から続けてボディもニュクスで十分。小量でもかなり伸びるから、気にせず使える。

 

購入方法

「プロディジューオイル」公式通販サイトがお勧めだけど、他の通販サイトでも購入可能。

%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%82%af%e3%82%b9%ef%bc%92

100ml(税込み5508円)を選べば、下手すると半年くらい余裕でもってしまうので、50ml(税込み3240円)よりも100mlをお勧めする。

セレブなあなたには、プロディジューオイルにゴールドパールを配合した「プロディジューゴールドオイル」もありか。

 

ゴールドのきらきらラメが反射して煌めくという。肌はさておき、デコルテや二の腕や脚に使ってみるとどんな感じだろう。一度試してみたい。

Sponsored Links