Sponsored Links

歯ぎしりしていませんか?

ギシギシギシ・・・夜になると聞こえてくるそう。怖い・・・。

実はわたしはイビキはかかないけど歯ぎしり派みたいで、夫をドン引きさせている。ゆっくりと疲れをとるのが睡眠なのに、眠りながらそんなに緊張しているなんて可哀想、自分。寝ているものだから自覚症状がなく、本当なの?と疑心暗鬼にもなる。

歯には結構気を遣っているので3ヶ月毎の定期検診時、歯科医が、

「歯が削れてきていますね。やっぱり作りますか?」

と。やっぱり夫の虚言ではなく、本当にギシギシしてたのだ。でも、歯ぎしりは、私のようにカチカチ、ギシギシさせる「タッピング(tapping)」と、食いしばるクレンチング(clenching)」の二種類があって、後者の場合は誰にも気づかれないからさらにたちが悪い。気づかないうちに歯にどんどん負担がかかって、しまいには歯が壊れてしまう。

覚悟を決めて、マウスピースにチャレンジすることにした。マウスピースは歯ぎしりだけではなく、次に述べるようにこんなにたくさんの効果がある。「歯ぎしりなんてしないもの」という方も一度読んで、検討してみてはいかがだろう。

マウスピースのいろんな効果

歯が削れるすり減り(摩耗)対策

私は既にこの現象あり。このすり減りが進むと、歯が短くなって、最悪の場合は歯の神経が出てくる。こうなるともちろん痛いし、治療も大変になってくる。歯医者で撮影される口腔内写真で、この様は見ることができる。

アゴが痛い顎関節症対策

顎関節症の原因は様々だが、その一つは、頭の骨とアゴの骨の間の関節円板という軟骨が、歯ぎしりによってダメージを受けるせい。マウスピースで、関節円板にかかる衝撃を和らげることができ、アゴの痛みが軽減される。

歯が揺れる歯周病対策

歯ぎしりで歯が揺さぶられると、骨と骨の間に歯周病菌が入る隙間ができる。そうした歯周病は急激に進行するため、元々歯周病がある人は歯ぎしり厳禁。

歯が割れる破損対策

虫歯や歯周病もないのに、歯が痛かったり、歯茎が腫れたりするのは、歯が割れている場合がある。強い歯ぎしりで歯が割れることもあるので、マウスピースで防止する必要がある。

セラミックが割れる破損対策

折角高いお金を出してセラミック治療をしても、セラミックは歯ぎしりのような負荷に比較的弱い。詰め物が良く取れるという人も歯ぎしりを疑ってみてもいいかも。

歯がしみる知覚過敏

歯ぎしりで歯の根元がくさび状に削れると知覚過敏になる。マウスピースでこの削りが防止される。

このように、マウスピースは、原因不明の歯の痛みに悩む人や、詰め物が取れやすい人にも大きな効果を上げることがあるのだ。

歯医者で作りました

市販品のデメリット

マウスピース
マウスピース

こちらが出来上がったマウスピース。一見柔らかそうに見えるけど、型どりして、自分の歯に合わせて作ったので、歯並びにガチッと合って結構堅い。

などの市販品もネットから購入可能だが、ちゃちだったり、柔らかくて上手く歯にフィットしなかったり、という不具合もあるようだ。不適切なかみ合わせのマウスピースが歯並びを悪化させるという歯科医の意見もあるので、値段は倍以上だとしても、安心のおける病院で作る方がよいかと思う。

費用と期間

私の場合、保険診療内で約5000円。ただし、これには再初診料、型どりの費用、諸検査費用などは含まれていない。

歯科医院によって多少の差はあると思うが、アフターサービスで、背が高すぎる、ひっかかりがあるなど、使用後の不具合にも対応してもらえるとのこと。

使用後の感想

歯医者で初めて装着したときは、あまりの違和感に「これで眠れるのか・・・」とがっくりきたけれど、意外と数分で眠りについて朝までぐっすり。

口がちょっと開いてしまうため、口呼吸になるのではないかと懸念したが、朝の口の渇きは特に感じなかった。

慣れきるのは数週間かかるかもしれず、決して気持ちの良い体験ではないが、上に書いたような効果を考えると、頑張って続けてみるつもり。

 

興味のある方は、歯医者で相談してみてね。

Sponsored Links