Sponsored Links

歯を失う原因は

皆さんご存じかな?歯を失う原因の1位は、常に「虫歯」と「歯周病」が争っている。

歯グッズを集めるのが好きなのだけど、それもある日「歯周病ですね」と歯医者で宣告されたせい。歯周病は虫歯と違って自覚症状がないから、ひたひたと進行する怖い病気。放っておくと抜け落ちてしまうことも。それ以来、深くなってしまった歯周ポケットを何とか回復させるために努力を重ねている。歯周病にかかっている人の割合は、25歳~34歳で75%、35歳~64歳で80%という。

歯周病

「年齢のせいですか?」と歯医者さんに聞くと、「年齢に関係なく、若い方でもひどい症状の人多いんですよ」、と教えてくれた。20代、30代でも、ポケットが7mm以上に達している重度の歯周病患者が多いらしい。そこまで行くと、積極的な治療をしていかないと、歯槽骨まで溶け出して、本当に抜歯の危機にさらされる。

歯磨きしていて、出血した、むずがゆい、なんてことがあれば、きっとあなたも歯周病の入口に足を入れている、もしくはどっぷり入り込んでいる可能性あり。

歯周病の原因

ちゃんと毎朝毎晩磨いているのになぜ?と思うが、歯周病にもいろんな原因がある。

1.歯ぎしりや噛み合わせ
歯ぎしりを繰り返していると、歯が揺れて歯周病が悪化する。歯が浮いてかみ合わせが悪くなると、歯周病が急速に進行する。

2.喫煙
喫煙は血管を収縮させ血行を悪くする。血液は細菌を追い出す白血球を含んでいる。そのため、血行が悪くなると、免疫力が落ちて、細菌が原因の歯周病にかかりやすく、治りにくくなる。喫煙はビタミンCも破壊するので、歯周組織がもろくなって、さらに歯周病になりやすくなる。ヤニと歯周病の臭いのダブルなんて悲惨!

3.全身の病気
糖尿病、血液障害、免疫異常などの病気も抵抗力を低下させて、歯周病に影響する。

4.女性由来
女性ホルモン(プロゲステロン、エストロゲン)が多量に分泌される思春期、開経前、妊娠中は、歯周炎を生じ易くなる。妊婦に歯のトラブルが多いのもこのせい。更年期(閉経前後)も身体に変調を来す危険な時期。更年期や骨粗鬆症の治療に使うエストロゲンが、歯周病に影響を与える。

5.その他
心身のストレス、年齢、疲れなどの抵抗力の低下が影響する。歯並びの悪さや口呼吸などにより口の中が乾燥して、唾液による洗浄作用が低下する。

本当にいろんな要素が関わってくるのだ。歯のトラブルって本当に辛い。虫歯も怖いけど、いったん悪化させたら、けずって終わりとはならない歯周病は、ある意味もっと怖い。

歯周ポケットクリーナー「デントール」

言ったように、いろんな歯のケア商品を集めているのだけど、最大(笑)はこちら。でかっ。

デントール1

 

「デントール」は内部のピストンブラシが、パルス水流と共に縦方向に振動する電動歯ブラシである。ブラシの束が毛先方向に振動し、常に新しい水を補充して洗浄しながら磨く。通常の歯ブラシや電動歯ブラシでは届かない、歯周ポケットの奥までブラッシングするというもの。

 

デントールの仕組み

  1. ノズル先端の孔から、パルス水流とともにブラシが飛び出す。
  2. 水流がポケットを洗浄するとともにブラシの洗浄・冷却・潤滑を行う。
  3. ブラシの毛先が、ポケット内の歯垢を落とす。
  4. ブラシの先端がポケットの億の歯槽骨を刺激し、血行を促進する。



デントール2

 

デントールとデントレックス

*ご注意

ネット等で探していると「デントール」と「デントレックス」という商品名が出てくる。

簡単に言うと、デントールはピストン型のブラシが付属品としてついており、デントレックスはピストン型ブラシが付属でついていない。デントレックスを持っている人は、デントールブラシを購入すれば良い。ものすごく分かりにくくなっているけど、本体は同じものなのだ。

ブラシ自体は1ヶ月くらい使えると思う(1本1000円ほどになるので歯ブラシとしては高価格)。4本だとなんだかんだで1年くらいはもつかも。新規購入時に間違わないように気をつけてね。

 

感想と口コミ

最初に使ったときは、少し歯茎が弱っていて、水圧を上げすぎていて「痛っ」と刺激があったけれど、水圧は自分で調節可能。しっかり磨いていたはずなのに、食べ物のカスが出てきて驚き。数日間は出血が続いたものの、そのうち歯肉がしっかりしてきたのか気持ちよく感じられるようになった。歯肉の筋トレ?

歯垢が完全に取れているのかどうかは見えない場所なので分からないが、口の中がすっきりすることは間違いない。歯磨きの代わりではなく、夜の仕上げにいいかも。

 

先日歯科医に歯石を取ってもらいに行ったところ、「奥歯に歯周ポケットがあり、先の小さなブラシでも届かない所なので、腫れてくるようだったら抜歯も考え てくれ」と言われ、他社製品の評価を見比べてこちらの製品を購入しました。歯周ポケットがある、と言われた辺りが、今まで何となくむずがゆかったのだが、一発で歯周ポケットまで強烈に水が届いているのを実感しました。まだ一日しか使用していないが、かなり口の中がすっきりしてきました。

 

歯周病で抜くかどうか状態監視中の歯があり、ネットで検索した所この製品を見つけました。良い評価が多いので試しに購入してみました。3食後と寝る前本品を使用したのですが、2~3日で歯茎の腫れが引き時々歯茎に出来ていた膿の袋も出来なくなりました。使い始めて10日位ですがぐらぐらしていた歯が安定して来た様に思います。

などの高い評価の口コミも寄せられている。

デントールのデメリット

1. サイズ

ご覧のようにともかくデカい。お世辞にもおしゃれとはいえないデザインなので、水回りの見た目を重視する方は引くかも。私は下の棚に収納している。でもこれが出し入れが面倒で使わなくなる人も多そう。

2.音

思ったよりも重低音が響く。隣の住民に迷惑をかけるようなことはないだろうが、就寝中の家族は、神経質なら気がつくレベル。

3.飛び散り

水が洗面所に飛び散って、その始末が面倒。でも、水なので拭き取ってしまえば汚れる心配はない。

と、デメリットもあるけれど、

「歯周病」だけでなく「口臭」にも対処でき、付属の付け替えノズルで家族で共有できることも大きなメリット。歯を失うことに比べれば、許容内のお値段だと思う。私は使い始めてから、歯周ポケット自体は2~3mmで安定中。歯茎に心配のある方は是非試してみて。

 

Sponsored Links