Sponsored Links

まつげ美容液はどれを選ぶ?

まつげ育毛液-私の一番のお勧めはジェネリックの「ケアプロスト」です!でご紹介したとおり、今まではケアプロスト派だった。でも、最近になって、新たなまつげ育毛剤が登場していたことを知って興味津々。

160505_081623

リバイタラッシュとビューティラッシュの比較

様々なまつげ美容液は販売されているが、私が使用した経験があるのが、「リバイタラッシュ」「ビューティラッシュ」。エクステを連続して付けていた時期、自まつげがすかすかになってきて、慌ててまつげの育毛に励んだ。この2つはいずれも細い筆タイプで、出し過ぎることがなく必要な分量だけ塗ることができるし、衛生的かもしれない。ここはケアプロストよりも優れている点かも。筆タイプは下まつげにも塗りやすい。

リバイタラッシュ

リバイタラッシュ

リバイタラッシュは3種類。

  1. リバイタラッシュ
  2. リバイタラッシュアドバンス
  3. リバイタラッシュアドバンスジャパン

1)リバイタラッシュ

2007年に売り出されたオリジナルバージョン。乳癌の抗癌剤治療でまつげをなくした妻のためにマイケル・ブリンケンホフ氏が生み出した商品である。ケアプロストと同じように、緑内障治療薬に含まれるビマトプロストの「まつげが伸びる作用」に着目している。私が使用していたのもこの最初のリバイタラッシュ。

だが、「ビマトプロスト」には「色素沈着」などの副作用があるとして米国FDA(食品医薬品局)から注意勧告を受けた。

2)リバイタラッシュアドバンス

FDAの勧告を受けて、ビマトプロストの代わりにパンテノールという水溶性ビタミンが、育毛成分として配合し、下記のような植物由来の天然成分を含めて改良されたのがアドバンス。私自身は色素沈着を実感していないけれど、色白の人はやはり気になるところだ。

3)リバイタラッシュジャパン

こちらは日本限定版。

・ユニークな粘性基剤を処方することにより、塗布したその場所に留まり、目の中に垂れる心配がない。
・強力な化粧用抗菌成分を配合して、容器内でのバクテリアの増殖を抑える。

などの利点がプラスされている。アドバンスと成分にさほど違いはないみたい。

Sponsored Links