Sponsored Links

京都劇場ってこんなとこ

京都駅から徒歩0分!

京都劇場は、京都駅ビルの東側に位置する。

ちなみに、京都駅ビルは「京都は歴史への門である」をコンセプトにして、京都の特徴である碁盤の目を設計に取り入れて、象徴となる「門」を烏丸通と室町通に配置している。谷に見立てた中央コンコースが東西に延び、中央部に4000枚のガラスと金属で覆われた吹き抜け空間のアトリウムが続く。伝統的であり革新的。京都にお越しのときは、是非駅ビルの空間デザインも楽しんで欲しい。現在の京都駅ビルは1997年に改装された4代目。

 

京都駅
アトリウム

 

1997年の駅ビル開業と同時に開場したのが、日本初の駅ビル内劇場「京都シアター1200」。当時はジャニーズや吉本興業による公演が行われていたが、その後大幅に改装され、現在の「京都劇場」として、劇団四季が公演を行っている。こけら落とし公演は『オペラ座の怪人』。私もいちはやくこけら落としを見に行った。

改札の中央口を後ろ手にして右側へずっと進んでいったら、もうそこが劇場。迷いようがないね。6時半からのソワレなら、京都で働いている友達もアフターにぱっと職場を飛び出してきてくれる。そんな気軽なちっちゃな劇場。

 

160720_180202
劇場入口

 

古都で四季を観てみよう

劇団四季の京都劇場での現在(2016年7月)の公演は、永遠の青春神話『ウエストサイド物語』。WEST SIDE STORYは全国でも公演されるから、どの地方の方もお見逃しなく。

入口で本日のキャストをチェック。

160720_180610
キャスト

 

座席表

1階席は693席、2階席は248席。

京都劇場1階

京都劇場2階

 

座席の見え方と注意

今回の席はE-13,14で、前から5列目のほぼ真ん真ん中。すごい良席が手に入ったわ、とワクワクして開演を待っていたところ、目の前に、立派な体付きのお姉様と大きなおじ様。すっかり視界が覆われた。実はこの京都劇場は、10列目くらいからは傾斜がついてくるのだけれど、そこまではほぼ平坦。前にどんな方が座るかで全然見え方が変わってくるのだ。

よって、表情を見たい!というのでなければ、10列目以降、さらには最後列に近い座席でも、十分にステージが見渡せると思う。サイドブロックでも見切れる心配はさほどない。2階席はお安くなるが、けっこうな急勾配なので怖さを感じるかも。かなり階段を上っていくので遠いという感覚がある。

仕方ないけどついていない・・・。こういう運次第ということもある。

 

160720_180755
見え方

 

始まる前は、こんなにすっきり見えたのになぁ。でも、やっぱりここまで近いと、役者さんの表情や、流れる汗までしっかり見えて、一体感が半端ない。そのアットホーム感が京都劇場の良さかも。

京都駅ビルの中には美味しいお店もいろいろあるし、そこから京都の夜の街に繰り出すのもまた楽し。



Sponsored Links