Sponsored Links

美容院で新しくヘアカラーのメニューを使用し始めて、その体験をコチラの記事で書いた。

 

 

その後、「H-color」について毎日のようにアクセスをいただくので、今回は実録レポさせていただく。

Hcolorってどんなカラー?

メーカーのローランド社

「rolland社」は1948年第二次世界大戦後間もなく創業されたイタリアの老舗美容メーカー。

イタリアの上流階級マダムたちに香水を販売していたけれど、ヘアスプレーの販売をきっかけにサロン向け製品を主流とするようになった。現在は世界60ヶ国に製品を卸し、MADE IN ITALYのオーガニック処方で有名。

最近では、「美的」や「MAQUIA」などの美容雑誌でもちょくちょく見かける。上の記事でも書いたように、モデルや女優さんたちの中でも愛用者がじわじわ増えているみたい。

ローランド社のオーガニックには随分こだわりがあり、「バイオダイナミック農法」で栽培された植物を使っている。

バイオダイナミック農法(シュタイナー農法とも)とは、人智学のルドルフ・シュタイナーによって提唱された有機農法・自然農法の一種で、循環型農業である。ドイツやスイスで普及しており、人智学運動の一角を担っている。

通常の有機農業と異なり、生産物が有機的であることだけでなく、生産システムそのものが生命体(organic)であることが意識される。「理想的な農場はそれ自身で完成した個体である」というシュタイナーの思想に基づき、外部から肥料を施すことを良しとせず、理想的には農場が生態系として閉鎖系であることを目指す。

バイオダイナミック農法は、鉱物製肥料の使用を中心としたそれまでの農法を否定し、土壌と植物、動物の相互作用だけでなく、宇宙の力を土壌に呼び込み、様々な天体の作用を農作物の生育に生かすことを目指す。太陰暦・占星術に基づいた「農業暦」にしたがって種まきや収穫、調合剤の攪拌などを行い、また牛の角や水晶粉などの特殊な物質を利用する。

(by Wikipedia)

おかんおかん

一言でオーガニックって言っても、厳しさはいろいろなのね。

髪質別に、オーガニックシャンプーやヘアバス、マスクなどのラインもあって通販で購入可能。今回はカラーリング剤「Hcolor」についてお伝えしたい。



ローランドシャンプー
シャンプー類

Hcolorの特徴

アンモニアフリー(アンモニアを含まない)

Hclorはオーガニック製品ということは言うまでもなく、ヨーロッパの大部分のサロンが導入する「アンモニアフリー」の日本初のカラー剤。

Sponsored Links

気化したアンモニアを吸い込むと、呼吸器系のアレルギーが誘発されることがある。アレルギーにかかわらず、あの特有のアンモニア臭が苦手な方や妊婦さんなども多いはず。取り扱う美容師さんにもアンモニアフリーは嬉しいね。

オーガニック農法の成分

成分には、髪を柔らかくみずみずしくさせるために、オーガニック農法によるスイートアーモンドエキスとカラスムギエキスが入っている。

このため、髪が柔らかく瑞々しくなり、毛幹の奥深くまで栄養が染みわたる。

おかんおかん

効果は下でもお伝えするけど、今までのカラーリングと全然違う!

白髪染めもOK

独自開発のマイクロピグメントで、白髪のカバー力があがり、トーンアップも可能で、カラーが安定して長持ちする。

白髪染めは濃い色になってしまうけど、このH-colorではかなり明るい茶色も可能。それでも白髪がカバーできる。

ただし、色の配合がななかなか難しく、技術のある熟練した美容師さんにお願いしたい。

 

カラーリングもお店と人によって、技術も商品も配合も全然違う。値段ばかりにこだわっていると、髪をどんどん傷めてしまう。カットの失敗は数ヶ月あれば取り戻せるけれど、傷んだ髪や頭皮は回復に時間がかかるので厳選したい。

 

気になる仕上がりは

201604
H-color前の状態

 

参考のために、上の写真は、数ヶ月前の別のカラー剤で染めているときの髪。

 

IMG_9291
H-color直前の髪

 

こちらがカラーリング直前の写真。最初の状態からはパーマも落ちて長くなった。

夏の間は暑さ対策でくくったり、アップにしたりが多いから、当分このままロング。

照明の加減でけっこう明るく見えるが、ダークなブラウンに染めたつもりが色落ちしているのが分かる。

量はふつうだが、猫っ毛なのでダメージを受けやすい髪質。

 

IMG_9279
H-color直後

 

仕上がりはこちら。同じ照明と角度から撮影している。

艶とコシが出て、ナチュラルだけどリッチな仕上がりになっていることがお分かりいただけるだろうか。白髪への染まり具合も前よりずっといい。

デメリット

ただし、デメリットももちろんある。

  • 時間がかかる--シャンプーブロー合わせて優に2時間超。ていねいにすれば3時間程度かかるかも(店舗による)
  • お値段が高い--ふだんのカラーリング料金+3000円

 

Sponsored Links

続けていくと、髪もさらにツヤツヤになっていくらしい。日々のお手入れのし易さと気分を考えればデメリットは許容範囲かな。試せる美容室はまだ少ないと思うが、ご興味があればローランドHP取扱サロンで探してみて欲しい。