Sponsored Links

骨格矯正の「小顔効果」は根拠なし!

9事業者に行政処分

頭部や顔の骨のゆがみやずれを手で矯正することで小顔になるとうたう広告表示は根拠がないとして消費者庁は30日、全国の美容サロンなど9業者に対し、景品表示法違反(優良誤認)で、表示を改めるよう求める措置命令を出したと発表した(2016/06/30)。

消費者庁から処分を受けたのは次の9事業者。9事業者は年1千万~1億円の売上げがあったという。今後は不当表示をした業者には課徴金が課せられる。

東京・中央区の「磯部美容整体Vセンター」。
福岡市中央区の「シンメトリー」。
大阪や東京で「小顔製作所」を運営する大阪・中央区の「Steed」。
東京・中野区の「トゥモローズライフ」。
東京都内で「Dr.Body」を運営する渋谷区の「ナチュラルビューティラボ」。
大阪・都島区の「Kouken美容整体」。
福岡市で「江戸町美容矯正専科」を運営する長崎県諫早市の「MEDICALBODYDESIGN」。
東京・港区の「レミスティック東京」。
大阪・北区の「関西プロポーション小顔センター」

小顔矯正を謳っているサロンは都内だけでも数百軒、こんなにも小顔矯正が流行っているとは知らなかった。しかもけっこうなお値段。日本人の小顔に対する憧れはここまで強かったのか。消費者庁の行政処分以降、さて全国の小顔骨格矯正サロンはどう対処していくのだろうか。

といいながら、私も気持ちはよく分かる。例えば美容院で、手頃な価格で試してみられるとしたら絶対やってもらうもの。夫もこのニュースを見ていて、やりたい、小顔矯正、とつぶやいていた。男性もなのか小顔信奉。

さて、でもどうしても小顔になりたければ、その前に自身の力で試してみてはいかが?

160704_193431

骨気メソッド

門外不出の韓国の民間療法「骨気」。その技法を創始者の元に何度も通って習得し、日本で最初の「骨気サロン」を立ち上げたという林幸千代さんの著書。

タレントの加藤紀子さんが、骨気ファンとして登場している。私自身は以前に、女優の白石まるみさんが親娘で「骨気」を実践しているというテレビ番組を見て知った。骨気の効果かどうかはさておき、お二人とも実に若い。

半年ぶりに帰国した娘に「整形したの?」と言われました。

体重は変わってないのに「やせた?」と言われました。

目が大きくなって、浜崎あゆみ似と言われるようになりました。

と、上記の本では・・・本当かしら。法令線、ほお、クマ、小鼻、くすみ、等々、顔のパーツパーツに対処する方法が写真とともに紹介されているので分かりやすい。私はおでこの縦皺が気になる。仕事で悩みすぎて、顔をついしかめているのかも。

そう言えば、遠い昔、10代20代の頃、高い頬骨がものすごく嫌で、ギューッと痛くなるほどよく押していた。もしかして自己流骨気? 今も頬骨は高いけど慣れてしまった(笑)。

 

DVD付きならこっち。

テレビ、雑誌で大反響!
累計30万部突破した林先生の骨気メソッドが、さらにパワーアップして登場!
小顔だけでなく、たるみ、くすみ、シワなどアンチエイジングにも効果抜群。
2012 ミス・ユニバース・ジャパン公式サプライヤーの圧倒的な小顔術を披露!

【目次】
●CHAPTER1 究極の小顔メソッド 骨気とは?
●CHAPTER2 最新骨気で顔の悩みを解消 (額のシワ・もったり感/目のむくみ/目のクマ、くすみ/鼻筋を通す/頬肉シェイプ/頬のリストアップ/フェイスラインをシャープに…etc)
●PART3 朝・昼・夜 シチュエーション別骨気

小顔のしくみ

*著者のコメント
股関節のズレや骨盤の傾きによって、猫背や前傾の姿勢になっていれば、5~6キログラムもある重い頭を支えきれなくなります。当然、首は前へ前へと垂れてしまいアゴが下がってしまいます。これが、顔を大きくしてしまう一因です。顔が大きいことには、すべてに理由があるのです。

美容家として40年間わたしが研究してきた方法では、全身の骨が徐々に動いて姿勢がよくなり、ゆがみのないボディができあがって自然と小顔になります。顔の表面を動かす方法とは違い、徐々にアゴの骨が後ろに引けて美しい横顔に変わっていきます。しかも、リバウンドもありません。苦痛やリスクもともないません。

頭がい骨は球体のため、外側から中心に向けて圧をかければ小さくなるイメージがありますが、押してもあまり小さくはなりません。頭がい骨を構成する骨と骨のあいだは1ミリもないほど狭く、押して間を狭めたところで、それほど小さくならないからです。

それよりも、骨を少しずつズラして形を変えていくことが小顔づくりには重要です。本書では、脚、股関節、骨盤、背骨、肩甲骨に働きかけ、頭の骨、アゴの位置を正しい位置にズラすことによって小顔ができるメカニズムとその方法を図解でわかりやすく説明しています。
(本文より抜粋)

やはり「頭蓋骨は動く」派だ。

とりあえず、顎を引けば顔は小さくなる、とのことだが、小顔うんぬんはおいといて、正しくアゴを引くことは本当に大事で、デスクワークの長い人や、スマホを覗き続けている人は、知らないうちに首が前に突き出てアゴが上がった姿勢になりがちである。そうすれば必然的に、首コリ、肩コリを引き起こす。大顔はやはり、凝り固まった筋肉と、むくみのせいではなかろうか。

小顔というよりは全身を整えるというコンセプトだ。なかなか読みごたえがあって一読の価値ありかと。

あなた、今! アゴ出てないですか?

 

Sponsored Links