Sponsored Links

和訳と英訳のどちらから始めればいいですか?

分野に限ったわけではなく、「学校」も「勉強」も「仕事」も、和訳と英訳どっちがいい?という質問をたまに聞く。

基本的には、どっちでもいいんじゃないか。トランプのカードやコインみたいに、表と裏は一体。どっちから見ても結局は同じことだ。ただ、そう言ってしまっては身も蓋もない。生きてきて、今までにインプットされてきた言葉は、英語よりも日本語が圧倒的に多いだろうし、こうやってブログを書くにも日本語だとさほど苦労はしない。それを英語で書けと言われれば何倍も時間がかかると思う。

ネイティブに近い程度ですらすらと英語が書けないのに、仕事を受けることができるのか(受けてもいいのか)と言われればギクッとする。

でも、世の翻訳者がほぼバイリンガルクラスなのかと言うと、一般の人々が思うほど、意外とそうでもない。日常会話ぺらぺらなの?というわけでもないのに、医薬/特許/金融/IT、それぞれの専門分野でほぼ問題ない英語が書けている。そんなタイプが多い感じ。あくまで身の回りでは。

個人的和訳/英訳事情

私個人の和訳/英訳事情をお伝えする。

翻訳者としてのスタートは、少しだけ語ったように出版翻訳だったため、もちろん和訳からだった。最初の数年間は和訳オンリー。そのうち「特許翻訳」に巡り合い、OJTを含め、少しずつ英訳の仕事が舞い込み始め、特許明細書に限らず、特許に関わってくる技術系の参考文献、契約書、HPのリリース系文書などの英訳の仕事も受けるようになった。

不思議なことに、年間通じて、あるいは月間通じて、英訳多かったな~、随分和訳が増えてきたな~、などと両者のバランスが大きく崩れることが常。おそらく、その時々の社会事情にも関連する。エージェント経由の仕事の場合は、新たに取引を始めたクライアントがあって、翻訳会社が私にどの仕事を割り振るのが一番効率的で有効かを考えて決定した結果だ。

卵さんや駆け出しさんは、エージェントが和訳と英訳のどちらの仕事をベースにしているのか、どの種のクライアント(できれば具体的な業種と社名まで)を抱えているのか、を考えながらトライアルにも応募していくといいと思う。最初は、周りのベテラン翻訳者さんや、翻訳祭のような場所で聞いてみたり、自分が契約しているエージェントがあれば、そこを調査の糸口にしたりするとよい。

それらを自分なりに検討して、どういう分野を開拓し、営業につなげていくべきかを戦略的に見極める。エクセルなんかでまとめて図表化したいな・・・と思うものの、現実では完全には実現できていない(汗)。法人化後の11年間に関しては、税理士さんが取引クライアントは毎年まとめてくださっている。前年度と今年度の月次推移や、過去5年間の損益構成など、様々なグラフも提供してくれて、大変参考になる。

130226_222812
月次推移

 

あんまり二八(にっぱち:2月と8月に売り上げが下がる法則)は関係ない模様。

130226_222744
損益構成

 

リーマンショック(20年度)の影響を21,22年度とややひきずっている。おかげさまでその後は概して右肩上がりの後、横ばい。

 

どっちが儲かる?

総収入ではなく、かかった時間と収入からのコスパから判断すると、私の場合は英訳の方が効率的だ。つまり、英訳の多い月、年の方が収入は上昇しやすい。

翻訳レートの値崩れに関してはよく話題に上がるが、英訳と和訳ではどうだろう。業界では英訳人口の方が足りないと言われている。その割に、参入してから英訳レートはやや低下したものの、なぜか和訳は横ばい状態。むしろ上昇傾向(いずれもエージェントベース。直受けの場合はその限りにあらず)。私の英語レベルが足りないせいもあろうが(悲)、和訳が評価されているという見方もできないではない。

ネイティブのため、和訳だとかえって文章にこだわりすぎて時間がかかるという側面がある。一方で、参入者が比較的多い和訳の点で、何らかの差別化につながっているのかもしれない。英訳に比べて、和訳に対する翻訳会社やクライアントの要求レベルは年々上がっている気がする。いや英訳もだが、英訳は評価が安定しづらい。

これらの点に鑑み、英訳をさらに強化して単価アップを目指し、仕事量も増やしていくことが、近い時点では目指す目標とも言えるが、やはり両者のバランスをイーブンにしておきたいのが本音である。そのわけを以下に述べる。

どちらも対応するメリット

1.仕事量の増大

言うまでもない。特許で言えば、翻訳が発生するのは内外案件(国内企業が外国の特許庁へ出願する)と外内案件(外国企業が日本国特許庁へ出願する)とがあり、特許事務所に就職または特許事務所と仕事をするならば、外内/内外ともにこなせると仕事の幅が広がる。

2.仕事分野の拡大

医薬、契約書などのリーガル等々、多くの分野ではやはりまだ英訳者の方が不足気味のように思う。個人的には医療機器英訳の割合を拡大したい。

3.効率の向上

午前:和訳、午後:英訳、のように一日の内でスイッチすることが多い。和訳英訳かかわらず、わりと飽きっぽいので、案件を並行することも多々ある。

私の場合、もしかして脳の他の箇所を使っている?と感じるかのように、アウトプットする対象を英語と日本語との間でスイッチすると、フレッシュな気持ちで原稿に向かえて疲れが少し軽減。また、寝かせて時間をおくことにより、新たな気づきで訳文の向上にもなる。

4.知識の強化

仕事は最大の勉強の機会。和訳をやっているならば、当たり前だけど原文の英語から英訳を学べる。その反対ももちろん。完全な日本語原稿になかなか出会わないように、文法も構成も完璧な英語に相対することは少ない。だが、知らなかった単語や、使ったことがなかった表現を知ることができる。実はこのメリットが一番大きい。分野の中でもさらに狭い分野の英→日、日→英の文書の中から、自然とオリジナルな対訳辞書が出来上がってくる。専門家のネイティブ同士の間ですら、英語表現に関して意見が食い違うことがある。ある意味、良文はもとより悪文も良きレッスンと考えればよいのかも。筆者の意図を読み解くには中身を理解せねばならないのだから。

 

結局は、翻訳者の仕事術-何よりもリスク分散を心がけていますで語ったように、和訳と英訳も翻訳という仕事の面での「リスク分散」につながるのではないかと考えている。

「おまえもそう思う?」

みた
先住猫

「うん、そうかもね~」

 



Sponsored Links