Sponsored Links
おかんおかん

思いきりはいいけど、小心者。だから、リスクをとるのが怖いんだよね~。

 

特に法人化してからは、収入を安定化させることを目標としている。基本的に赤字は繰り越せるのだが、やっぱりきちんとお給料を払って、黒字経営を続けたい。

しかし、一般にいう起業とは異なり、「翻訳業」に限っていえば、何千万、何億と売上げを伸ばせるものではないし、重版のかかりまくる大ヒット作の翻訳を偶然手がけるなどのそんな大成功は目標としていない。人をたくさん雇って会社を大きくすることも今のところ考えていない。

(追記:この記事を書いて以降、夫が退職したりだなんだで方向転換を図りつつあり)。

さて、ということで、年収は、自分が最初に働いた会社の正社員として働き続けたと仮定し、非常に大ざっぱに

 

(会社員の)予測年収 × 2 +α

 

を理想としている。2倍としたのは、有給や保険などの会社員のメリットが全く受けられないため。夢がないのでそれにプラスαとしておいた。現時点でそれをクリアできているかどうかは割愛。

 

以下、私が考える方針は、上記の点を考慮しており、効率化という面、ひいては収入の面ではかえってマイナスになるかもしれない。定石にのっとっているのかどうかも分からない。

売上げを上げれば上げるほど年収が高くなるのかもまた別問題。ともかく税金が高いから。ただ、いつも心がけているのはリスク分散。いきなりの収入急降下は怖い。

1.分野でリスク分散

実は出版翻訳が翻訳デビュー。そこから方向転換し、広くビジネス一般から始め、特許事務所でパートを始めたのをきっかけに、特許分野に参入した。

特許分野は翻訳分野の中でも比較的単価が高いと言われているため、主力にしている。

一方、ビジネス分野(広報等)は最初に始めた分野でもあり、今も続けている。厳しいエージェントだけど、その分鍛えられたと思う。業界では分野を特化させるのが普通だと思うが、あえてそうしたくない。そのわけは、

「文章」について

同じ分野の文章ばかり手がけていると、その分野特有の表現や文体に慣れてしまう。特許分野のみを専門にすると、柔らかい文章が書けなくなるのではないかという不安につきまとわれる。

技術文書は、「含み」を持たせた曖昧表現は基本的にNGなので、ニュアンスからは遠く離れる。

今後のキャリアパスにおいて、手がけてみたい他分野への進出や、翻訳ではないライティング作業を含む仕事への参入に備え、一般大衆の目に触れることが多い文章を書き、それを第三者に客観的に見てもらう勉強としている。

「関連性」について

違う分野といっても、オーバーラップする部分は結構出てくる。プレスリリースなどのマーケティング資料の中には、必然的に最新技術とリンクする部分が存在する。

特に、新しい商品やテクノロジーの名前は日々生まれてくるため、知るチャンスにもなる。コスパは低いが、お金をもらって勉強できるのはオイシイ。

後で書くが、複数分野にとりあえず対応できることは、時に効いてくる。

 

2.クライアントでリスク分散

ピラミッド
顧客ピラミッド

 

翻訳会社(エージェント)

登録している翻訳会社は10社以上。そのうち毎月、決まって仕事をいただいているのは2社。1年間で依頼のあったエージェントは昨年の場合6社。

翻訳会社(黄色)はとても大切な存在。ピラミッドの最下層に置いたけれど、軽視しているわけではもちろんなく、会社の土台を支えてくれる大きな基盤。

特に、大手翻訳会社は、安定して大きな仕事量を回してくれる力を持っており、そのために仕事が途絶えずにいられる。エージェントでも長い付き合いになると、私自身は、コーディネータさんが先輩か直属の上司のように身近に思えるし、頼りにしている。シリーズ案件や指名案件を優先的に回してくださるので、効率も良い。

コーディネータ側にとってもツーカーで、発注元のことを分かっている翻訳者に依頼できるのは効率的で安心なのだと思う。何より翻訳会社は、最も大変な営業を肩代わりしてくれるのがありがたい。スケジュール管理も、請求書送付などの経理も、すべて任せられることを考えると、中抜きもある種、当然である。

中小の翻訳会社は、小回りがきき、丁寧なフィードバックを売りにしているせいか、翻訳者へのフィードバックがためになる。自分と相性の合う、優良なエージェントを見つけておくことも必須である。

しかしながら、単価(レート)に関しては、低空飛行であり、大きなアップは望めない。同業者らや中の人へのリサーチから知る限り、上限はほぼ固定されている。それを超えるスーパーな実力を兼ね備えていないことは自認しているので、今の受注レートは自分にとっては適正価格と感じる。

Sponsored Links

*まだ参入まもない人や、限られた時間しか投入できない人などは、エージェントを通じてのお仕事で十分な仕事量と収入はまかなえるはず。

もうちょっと頑張ってみたいなという人は次へ。

直受けクライアント

したがって、単価上昇を目指すには、エージェントを通さない直受けクライアント(オレンジ色)の存在が欠かせない。価格は1.2~1.5倍ほど。

大手事務所や大手メーカーは、参入のハードルが高く、コスト意識も徹底しているため、私は中小、できれば小のクライアントを探す。このあたりのことは「フリーランス翻訳者って意外とオイシイんじゃない?」「その商品、「だれに」売り込みたいの?-ランチェスターの法則 」で少し触れた。

「町の電器屋さん」商法で、エージェントに依頼するほど定期的に仕事は発生しないし、細かなオーダーも対応して欲しい、必要であれば打ち合わせに来て欲しい、というリクエストを受けつける。さほど仕事量は発生せず、繁忙期を除けば数ヶ月に1回だったりするが、年間で考えればある程度のボリュームは達成できている。

くわえて、この程度の頻度が逆にありがたい。固定案件もこのカテゴリに含める。

VIP客

VIPクライアント(赤色)は、こちらの言い値がほぼ通ったエージェントの2倍超の価格のお客様。

このVIP客に巡り会うには、やはり紹介や口コミなどの人脈を通すしかない。ものすごく儲かっている会社や、翻訳業界のことにあまり詳しくない方々がここに含まれる。

だから、同業者だけでなく、サムライ(士)業全般、金融業、サービス業などの、顧客が多い、あるいは顔が広い異業種の知り合いもおろそかにしない。

おろそかにしないとは、クレクレするのではなく、GIVEの姿勢を持つことだ。信頼がおける相手ということを前提として、積極的にお金を落とすし、他人に紹介もする。TAKEは後から、おそらくずっと後からやってくる。

依頼が来れば、どんなに忙しかろうが最優先とする。どの商売でも同じ。お客様はすべて平等ではなく、超優良顧客は特別の扱いをする。だからこそVIPで居続けてくれる。分野を広げておくと、ここで効いてくる。

 

「スケジュール管理が煩雑すぎない?」

 

という疑問を寄せられるかもしれない。基本的にはエージェントからの依頼は、6割程度に抑えて、オーバーしたものは指名案件以外は基本断る。大手エージェントであれば、私以外にいくらでも引き受け手がいるので、ある程度の信頼関係が築けていれば、無理に受けるよりは断る方が望ましい。

こうして空いた日程は、直受けやVIP客の依頼を待つ。何となくそれで8~9割程度まで埋まってくる。1割程度の余裕を持たせておかないと、体調不良や家族関連などの突発事項の発生が怖い。

基本は目いっぱいに仕事を詰め込まないこと。

3.仕事の種類でリスク分散

我が家は兼業家庭なので、電気/ガス/水道などのインフラ、通信費、自動車関連などは会社経費との関連から私が負担し、残りの生活費は夫が負担している。そのため、私側の余った収入はほぼ、こつこつと様々な投資に振り分けている。

(先に言ったように、この分配も見直し中)

最初に言ったとおり小心者なので、FX等の高リスクなものには手を出さず、ローリスクローリターンが基本。

それでも、専門家の教えをちゃんと聞き、自分でも勉強し、確率的にほぼ安全な投資を行っていけば、手痛い損をすることはあまりないと思う。

運がよければ数年前のチャイナやアベノミクスなどのビッグチャンスに巡り会う。お金をそのまま銀行に置いておくのが一番の損なので、ライフプランの見直しは是非お勧めする。

他の仕事も始めたいなぁ・・・という誘惑にはしょっちゅう駆られる。一応構想中。(→ただいま進行中)。

4.家族でリスク分散

3.とかぶるが、家族でリスク分散。専業主婦時代や、駆け出しの頃は、お世話になったので、夫が「専業主夫になりたい」といっても一応OK。

人間だから、ずっと健康、ずっと無事、という確約はないので、お互い助け合っていければな。私にとってはこれが最大のリスク分散だと考えている。

子供は残念ながらいないが、姉妹や身内ともできる限り助け合っていい関係を保っていきたい。友人知人も、近くの他人も大事だけど一定の距離は保っておきたい。

GOD FATHERのように?本当に信頼できるのは、身を削れるのは、家族じゃないかと家族経営で育った私は思う。どうしても立ちゆかなくなったら、私の実家でも彼の実家でもたぶん受け入れてもらえる気がする。実際には無理でも、精神的安定の一助にはなるかも。

最後に

もちろんこれらがすべて常に上手くドライブしているわけではない。

リスク分散は、年齢と共に変えていく必要がある。クライアントは常時動き続けるのが鉄則だから、1つ抜ければ1つ補充する必要が出てくる。いいお客様とはどんどん出会いたい。

そして、自分の環境と価値観もどんどん変わっていく。「柔軟性」を常に心に置いていたい。

Sponsored Links