Sponsored Links

観劇の楽しさをアップもダウンもするのが座席だ。もちろんライブのエンターテイメントはどの席でも楽しめちゃうのだが、やっぱりかぶりつきで見られたら最高。

宝塚-カード会社の先行発売が見逃せない?で予告したとおり、龍真咲さんの退団公演に出かけてきた。

160611_140619
160611_140619

 

大胆不敵なロックなNOBUNAGAも宝塚ならでは。ショーも堪能し、JTB貸切公演による龍さんのご挨拶も嬉しかった。龍真咲さんの直筆サインの抽選には外れる。

しかし、NOBUNAGAにも出演中の次期トップの珠城りょうさん、美しすぎない? 月組を追いかけるかも。

tamakiryo

 

あ、そうそう。タイトルの座席の話。

宝塚大劇場サイドブロックからの視線

まずは、宝塚劇場の座席を紹介。分かりやすくするためにS席のみを切り取ってある。

takaradukazaseki

白抜きはSS席。取得は超難関で、これについてはまた別の機会に。S席のセンターブロック、せめてサブセンターを狙いたいところだが、一般発売や手頃な値段のヤフオクではサイドブロックしか回ってこないことも多々ある。

前回は7列目の左サイドブロック。でも、通路脇だったので、すぐ傍を通ってくれて、運がよければ握手だって望めるところ。暗くて分かりにくいが、臨場感満点である。通路脇ならサイドブロックも可か。

160402_130526

 

そして、今回は12列目の右サイドブロック。中心から遠い、横入口から3番目の88と89

160611_144752
12列目の割に結構見にくい。というのも、宝塚大劇場は、下に挙げた梅田芸術劇場や、劇団四季大阪劇場なんかと比べて分かるように横広なのだ。サイドの端っこだと見切れてしまうことも。四季劇場ならA1になる場所もS席にカウントされる。ただ、その代わりに席が千鳥配列されていて、広い座席空間が確保され、ゆったりした感じがする。

umegei-zaseki

 

siki-zaseki

 

どの席がお勧めか

SS席 12,000円
S席 8,300円
A席 5,500円
B席 3,500円

という価格設定を考えると同じS席なら、やっぱり最低15列目までのサブセンターブロック以上を狙いたいかな。20列超えてしまうと相当遠い印象になる。最初に友達を誘うとすれば、大階段に感動してもらいたいのでセンターブロックをとりたい。トップスターの定位置はやっぱりセンター。だから、サイドに歩いてきてくれるまで待つ時間がある。見応えとしてはセンターに比べて落ちる。自分の楽しみで行くならばサイドでも平気だけど。サイドの場合、前の方だと銀橋を渡る出演者と目が合うかも。歌舞伎で言うと花道のよう。

今は宝塚はあじさいの季節。時間に余裕を持って訪れ、舞台の世界に入る前にも、雰囲気を楽しんでいただきたい。

 

Sponsored Links