Sponsored Links

時代は肩関節と肩甲骨?

こういうタイトルを見たらついつい心惹かれてしまう。私のオススメはこの2冊。

DVD付きでこのお値段は嬉しい。

いくらダイエットをしてもお腹は凹みません。いくらマッサージをしても顔は小さくなりません。それは根本にある問題点、つまり姿勢が直っていないから。本書は、肩関節をストレッチすることで、アゴ(頭がい骨)をズラし、肋骨を引き上げ、骨格から姿勢を整えて、ウエストくびれと小顔をつくる方法を大公開しま す。結果的にサイズダウンを実現し、しかもリバウンドなしの画期的な方法です。12万人を変えた脅威の「整体エステ」を体感してください。

1分でダイエットがすむなら誰も苦労は無いけれど、姿勢改善のためには肩関節と肩甲骨は大事。小顔もくびれも何もかも実現できる?

バレエなどのときに「肩甲骨を下げなさい」とよく言われる。「前肩」という「前屈みの姿勢」は、肩周りの僧帽筋や三角筋が盛り上がり、固まってしまっているから。盛り上がった肩は男性ならば格好いいけれど、女性らしさとは真逆かも。

 

おなかのポッコリや姿勢の悪さは肩甲骨周辺の筋肉が機能していないことが原因。朝5分の肩甲骨を動かす簡単体操(肩甲骨ウキウキ体操)を続けることでみるみる体型は変わり見た目年齢も5歳若返る!

前島式は5分。肩甲骨だけでなく、全身の運動も紹介されている。

肩甲骨を浮かせることに人一倍熱心なOL「肩甲骨子」の一日が漫画で描かれていて、朝から晩まで一日の生活の様々なシチュエーションで行える、ながら体操がなかなか秀逸。

 

肩甲骨はがしとは

肩甲骨はがしというと、ちょっと怖いが、肩甲骨は本来、このように可動域が広いものなのに、固まってしまい動かなくなっていることが多い。それが肩こりや、しびれ、痛みなどにつながっていく。動かすとゴリゴリいうのもそのせい。そんな「さびつき肩甲骨」をストレッチによって柔らかくし、可動域を戻すのが肩甲骨はがし(筋膜リリース)。

肩甲骨

 

 

上記の本もよいけれど、一番分かりやすくて、まとまっているんのが、私も好きなアンミカさんの動画。

お気に入りに入れて、パソコン仕事で行き詰まったときは試してみて欲しい。

 

筋膜リリース(筋膜はがし)

上に挙げたが、肩甲骨はがしのやりかたは筋膜リリースに似ている。筋膜(Fascia)はタンパク質のコラーゲン繊維から成る薄膜で、筋肉以外にも内臓、血管、神経、骨などを包み、各組織を適切な位置に保っている。昨今はアスリートたちの間でも、筋肉だけでなく筋膜の重要性が注目を浴びている。そして、コリは実は筋肉ではなく筋膜のせいかもしれない。筋膜がねじれたり、癒着していたりすると、その部分の筋肉が動きにくくなり、トリガーポイント(しこり)や関連痛を引き起こすそうだ。

この筋膜はがしで、すごく話題になっているのがこのローラー。

フォームローラーの正方形の平坦な部分が「手のひら」、横の棒状が「指」の機能を果たし、全体の細かな突起が「こする」役割をする。私はまだ持っていないけれど、めちゃ気になる。

 

じっくり時間をとってストレッチしたいときのオススメDVDは、ストレッチお勧めDVD!-リラクゼーションもダイエットも姿勢改善もで紹介。


Sponsored Links