Sponsored Links

田中宥久子さんとは-SUQQUの誕生

「10年前の顔」になる、造顔マッサージ

で一躍有名になった。

ヘビースモーカーで肺癌のため2013年に死去。だが、今も彼女のファンは多い。

多くの女性と同様、私も彼女のDVDや著書を、--リフトアップできれば--という切実な思いとともに購入済みである。

これらの本は古いけど、今の私のバイブルのような気がしている。

その造顔マッサージの効果はさておき(おいてもいいの?)、田中宥久子という女性の生き方自体に魅せられる。彼女は一度も事務所や会社に属したことがなく、美容師だった祖母に美粧の基礎を叩き込まれ、フリーランスのメークアップアーチストとして独り立ちした。そしてあるとき、化粧品メーカーから新ブランド開発の話をもちかけられた。今までにない化粧品ブランドを、というコンセプトで商品開発に一から携わった。

そうして2003年に生まれたのが「SUQQU」である。

顔の見える作り手になる

彼女のスタイルはいつも黒のシャツにパンツと白のTシャツ。黒い服を着るのは「黒子」だから。白のシャツは、ヘアメイクを施した後、仕上がりをチェックするのに、白いシャツを背景の紙代わりにして髪型を確認するため。

皺は肌の記憶でしかない
隠そうとするほど欠点は目立つ
「吸収する肌」から「反射する肌」へ
赤い口紅が似合う80代が最終目標
効果は12時間持続、だから朝は必ず。

これが「田中メソッド」。

造顔マッサージ-顔は自分が作る

と彼女は言う。

私が歳を取るのが好きなのは、要らないものをそぎ落としていくことで、どんどん自由になれるから

二人の子育てをし、離婚し、大病をし、その中で、女性の美しさについて追求し続けてきた彼女だからこそ言える言葉。美しさというものは、ピンと張った若々しさにだけ宿るものではない。人は皆、衰えてたるむのだけれど、その陰影が深みにもなる。単にのっぺりとした顔でなくニュアンスになる。それを教えてくれる本。「40だから」、「50だから」とつい言いたくなるけれど、人は経験を通じて、多くの知識を得て、人脈が広がり、趣味も深まり、人生に余裕が生まれてくる。本当に楽しいのはここからかもしれない。

 田中メソッドを実行しよう

田中宥久子が生み出した「SUQQU顔筋マッサージ」はSUQQUで今も実践できる。