Sponsored Links

アラフォー以降こそまつげで勝負!

そんなの小悪魔agehaじゃあるまいし、あるいは婚活女子じゃあるまいし、アラフォー、アラフィフの睫毛なんか見てないんじゃないの。

というご意見はよーく分かる。睫毛に限らず、この美容カテゴリで語る他のことにも言えるのかもしれないが。でも睫毛は年齢問わず気になる場所。

エクステは基礎化粧!

最近はギャルのバサバサ睫毛ではなく、ごく自然な付け睫毛やエクステを付けている中年以降の女性は、男性が思っているよりもずっと多い。それも、まさしく接客業の女性だけでなく、たとえば幼稚園の先生や学校の先生、看護婦さん、女医さん、そして私のようなインドアフリーランスにエクステ率が結構高いのである。そうだよね~。子供たちを追いかけるのに、汗でマスカラが滲んじゃったらマズイ。

まつげエクステは、きっちりとメイクすることが不自然であったり、多忙でメイクする時間がなかったりする、キャリア女性やママのお助けアイテム。アイライン1本引く、マスカラ一塗りする、その時間が勿体ない。かといって電車内でお化粧は恥ずかしい。朝、ゴミ出しはスッピンだけど、そんなときこそ会いたくない人に出会ってしまう。あ、朝から可愛いじゃん。そういう人はスッピン系メイク、つまりエクステだったりする。そして、がっつりアイラインを引いたり、アイシャドウをしっかり塗り込んだりするよりも、好感度は高い。

非エクステ派には「ケアプロスト」

だから私も以前はエクステ派だったけれど、悲しいことにうつ伏せ寝派で、寝ている間にエクステが取れてしまうことが多かった。ごしごしと洗顔することも大好きだ。サウナも大好きなので汗も気になる(最近の技術は進化しているからサウナにもエクステ派いるけどね)。それにマメにケアしておかないと、エクステ取れかけ、スカスカまつげはお洒落どころか逆効果。

そこで私が愛用しているのが睫毛美容液「ケアプロスト」

これは実は眼科で緑内障の治療薬として使われていたビマトプロスト(Bimatoprost)が成分。ルミガン、ケアプロスト、ラティースは、成分や成分の配合率は同じなのだけれど、値段はラティース>ルミガン>ケアプロストの順。ということで私はケアプロスト派。

160505_081623
ケアプロスト

 

 

数ある美容液の中から今のお気に入りはこれ。爪楊枝の先くらいを寝る前にちょこっと付けるだけだから相当長い間もつ。睫毛は夜に伸びるというからね。友達と一緒にまとめ買いして常備している。購入はオオサカ堂さんのサイトがオススメ!輸入だから少し時間はかかるけど、今どこまで届いているか、ネット上でちゃんと追跡できるから安心。早ければ3日程度で届く。

アプリケータ付きを選んでも良いけど、爪楊枝派も。私はリップブラシを使っている。

ケアプロスト2
リップブラシで塗ってます

付けすぎは駄目!色素沈着や充血という副作用を訴える人もいるので、本当に少しでいい。私は毎日ではないけれど、週に数回、気が向いたときに塗っている。何年も愛用中だが、特に問題はない。

 

Sponsored Links